「楽天マガジン vs dマガジン」料金/参加雑誌数/評判/将来性などの比較

 

「楽天マガジン vs ドコモdマガジン」比較


本や雑誌のトータル定額サービス「kindle unlimited」を除き、
雑誌専門の月額読み放題サービスにおいて2つの大手状態となっていて、
どちらを利用するべきか悩んでいる人向けの両サービスの簡単な比較。



楽天マガジン

kindleと並ぶ電子書籍サービス「kobo」にて
既に5年以上の電子雑誌販売の歴史がある楽天による月額サービス。

日本国民のネット利用者ほとんどが所持している
楽天IDを所持していれば、面倒な登録作業なくすぐに無料期間を開始することができ、
支払いも楽天登録のカードにて勝手に支払ってくれるのでかなり便利。

楽天ブックスやkoboを通じて各出版社は楽天と深いつながりがあるので、
dマガジンよりも後発のスタートながら、今後もサービス拡大の期待大。



dマガジン

こちらはソフトバンクを上回り、
日本一の携帯電話契約者数を誇るNTTドコモによる定額サービス。

ドコモ利用者なら「dアカウント」にて簡単に登録可能。
そして、ドコモ利用者ではなくても利用可能。

週刊誌などで、一部楽天マガジン非対応の雑誌の取り扱いあり。


ただし、ドコモ自体は楽天と比較して電子書店事業をやっているわけではなく、
今後のソフトバンクの契約増加などによっては衰退の可能性あり。



簡易比較表
 
  楽天マガジン dマガジン
提供会社 楽天 NTTドコモ
サービス開始 2016年8月 2014年6月
月額費用
(税抜き)
380円 400円
参加雑誌数
(2017年春)
約200誌 約180誌
必要ID 楽天ID
dアカウント
(docomoケータイ
非利用者でも取得可能)
 

対応端末
(2017年春)
 


スマホ
タブレット

 

スマホ
タブレット
PC
 

対応端末(OS条件など)は各サービスHPでご確認ください。

 

どちらのほうが将来性が高いか?

部分的にはまだdマガジンのほうが上の部分もあるものの、
まず楽天のほうは楽天IDでほとんどワンタッチのような感じですぐに利用開始でき、
楽天ブックス/koboサービスは、楽天の主力事業の一つである、
ということを考えても、交渉力で楽天のほうが上であることは間違いなさそうで、
実際に楽天マガジンは2016年8月スタートにもかかわらず、
どんどん勢力を拡大しているようなので、
特にドコモ利用者さん以外は楽天マガジンのほうがよさそうです。





 

サイドメニュー

 

 

 

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

サイトマップ



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 
 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 


競合,類似雑誌の違い比較

 

社内姉妹誌の違い比較
 

SNS関連ランキング
 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

年度別の文学賞受賞作一覧
(+年度別ベストセラーランキング)

1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表
 
 

 

 

[サイト内検索]