熊遭遇対策(未然に防ぐ/遭遇した場合)



様々な事情により、近年熊が山から少しずつ人間界に近づいていると言われ、
死亡事件含む様々な襲撃例がある中、色々なものが発行されている熊対策本情報。


 

熊の基本情報

  • [噂]本気を出した時の速さは時速60km出るので、逃げても無駄
  • 草食動物とは違い、12月から3月頃までは冬眠する
  • 基本的には人間を怖がっていると言われるものの、冬眠明けと冬眠前などは危険といわれる
  • 手の爪が鋭く極めて危険



 

対策としていわれていること(未然に防ぐ)

  • 遭遇しないように、鈴などを鳴らして歩く
  • 熊のココロが狂暴で人から逃げない時期には入山しない
  • 自治体HPなどで出没情報をチェック
  • インターネットのSNS検索などでリアルタイム出没情報チェック


 

対策としていわれていること(遭遇してしまった場合)

  • 〇クマよけスプレーを放射する・・・一番注目されている対策
  • 背を向けず、視線をそらさずに逃げる
  • リアルに刃物(料理用のナイフなど)などで身を守る
  • △死んだフリ
  • △木に登る・・・簡単に熊も登ることが出来そう
  • △荷物を置いて逃げる


 

熊対策本





電子版あり  
<Amazoz説明文>
事故はどのように起き、進行するのか。
助かる方法とは?自身も過去に8回襲われ、遭遇・目撃は数知れず。
ツキノワグマを追い続けて46年の著者が数々の人身事故を読み解く。
平成28年秋田県鹿角市の連続死亡事故も取材!



 


<Amazoz説明文>
クマと遭遇したとき、人間は生き延びるために何をすればいいのか。
死んだふり、木に登る、リュックを置いて逃げるといった、巷に流れる俗説は有効なのか?
「クマは師匠」と言うアイヌ民族最後の狩人が、アイヌの知恵と自身の経験から導き出した、超実践的クマ対処法を伝授。
クマの本当の姿を知ることで、人間とクマの目指すべき共存の形が見えてくる。

 



電子版あり  


<Amazoz説明文>
クマに出会わないために・出会った時のために。
16人のツキノワグマ遭遇+4人の襲われた壮絶体験が照らし出すクマの行動パターン&出会ったヒトの反応、クマ対策の常識と実際etc.
専門家や山岳ガイド、登山家、クマ生息地に暮らす人たちの視点も交え、ツキノワグマの実像に迫る。
ヒグマ遭遇体験談も収載!

 









 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
(31日以内に解約すれば完全無料)
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
支払いは楽天ポイントでOK。
期間限定ポイントを含めて
楽天スーパーポイントが残っていれば
毎月15日に引き落とされる仕組み。


<楽天マガジンのポイント4>
Android端末ならSDカードに保存可
  
 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
日別ページを作成しています
 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

年度別のページを作成しています