国内プロサッカー業界の勢力図(人口の相関関係)

 

2017年度のJ1加盟クラブの営業利益ランキングとホームタウン人口

 
順位/クラブ名 営業利益 ホームタウン
人口
1.浦和レッズ
(埼玉県)
79.7億円
さいたま市=
約130万人

*人口は
右肩上がり
 
2.ウィッセル神戸
(兵庫県)
52.3億円
神戸市=
152万人
(2018/10)
 
3.鹿島アントラーズ
(茨城県)
52.2億円

鹿嶋市=
6.7万人

[その他4市]
神栖市9.5万人
潮来市2.9万人
鉾田市4.8万人
行方市3.4万人

[5市合計]
約27万人

 
4.川崎フロンターレ
(神奈川県)
51.2億円
川崎市=
151万人
(2018/10)
 
5.ガンバ大阪
(大阪府)
49.6億円

吹田市=
約37万人
 

その他、大阪府の
北部各市町村も
ホームタウン扱い
(細かい数字不明)

 
6.横浜Fマリノス
(神奈川県)
47.6億円

横浜市=
373万人

 
7.FC東京
(東京都)
45.8億円
調布市=
23万人

正式には
東京都全体がホームタウン。
東京都全体の人口は
1383万人
(2018/08)
 
8.清水エスパルス
(静岡県)
40.1億円

静岡市=
69万人
(清水区は23.3万人)


 
9.セレッソ大阪
(大阪府)
39.7億円

大阪市=
272万人

堺市=
35万人

計307万人

 
10.ジュビロ磐田
(静岡県)
38.2億円

磐田市=
8.5万人

 
11大宮アルディージャ
(埼玉県)
36.8億円

さいたま市=
約130万人

 
12.柏レイソル
(千葉県)
34.5億円
柏市=
42万人

 
13.サンフレッチェ広島
(広島県)
34.2億円
広島市=
119万人
(2016)
 
14.サガン鳥栖
(佐賀県)
33.5億円
鳥栖市=
7.3万人
 
15.アルビレックス新潟
(新潟県)
27.6億円
新潟市=
80万人

 
16.ベガルタ仙台
(宮城県)
27.0億円
仙台市=
108万人
 
17.コンサドーレ札幌
(北海道)
26.7億円
札幌市=
196万人

 
18.ヴァンフォーレ甲府
(山梨県)
17.2億円
甲府市=
18.9万人
 

*それぞれ2018年1月期or2017年12月期の決算




[傾向]
  • TOP圏内は人口50万人以上のチームが大半。
  • そんな中、鹿島アントラーズはホームタウンの総人口がかなり少ないが大健闘している
  • ジュビロ磐田は人口の少なさ(集客力の弱さ)が、強化資金の乏しさにつながって低迷が続く
  • 札幌や仙台のように、同じ街の中にプロ野球チームがあって、そちらの方が盛り上がっているケースも経営が厳しい
  • FC東京はホームスタジアムを都心に移した場合(新設した場合)、かなりポテンシャルがある
  • 横浜Fマリノスは地域にサッカーが根付いているが、上位に来れないのはやはりベイスターズの影響か?




 
 

2017年度J1クラブ 入場収入ランキング

 
  1. 浦和レッズ 23.3億円
  2. ガンバ大阪 12.6億円
  3. 川崎フロンターレ 10.3億円
  4. FC東京 10.2億円
  5. 横浜Fマリノス 10.1億円

TOP5は大都市ばかり。
最下位は甲府で3.5億円。
17位は浦和に押されて地元ではあまり人気のない大宮の3.9億円。



 
 

チーム人件費ランキング(年俸合計)

  1. ヴィッセル神戸 31.0億円
  2. 浦和レッズ 26.4億円
  3. 鹿島アントラーズ 23.8億円
  4. 川崎フロンターレ 23.39億円
  5. セレッソ大阪 23.34億円


神戸はポドルスキの年俸が大きな影響を与えているとみられる
最下位は甲府で8.8億円。
イニエスタ等の獲得により、2018年度は50億円を突破する事を予測される


 
 

物販収入ランキング

  1. 浦和レッズ 8.1億円
  2. 鹿島アントラーズ 6.9億円
  3. 川崎フロンターレ 5.6億円
  4. ガンバ大阪 4.99億円
  5. 横浜Fマリノス 4.96億円


この数字からも浦和レッズのサポーターの熱心度がよくわかる。
そして、鹿島のサポーターの熱の入り方も同様。
この分野でも最下位は甲府で、約5500万円。



 
 

今後の見通し



FC東京が代々木にスタジアムを建設するような報道もあり、
FC東京がどう動くかがポイント。
もし、FC東京が都心にスタジアムを作って熱心なホームタウン活動を行った場合、
日本一のビッグクラブになる可能性もあり。

ただし、東京とは地方出身者の集まりであるほか、巨人軍・ヤクルトの人気を考えると不透明な部分もあり。


そして、神戸はホームタウンの人口が多くて地元出身の三木谷オーナーも
本気でアジア制覇を目指しているため、今後ビッグクラブになっていく可能性が高い。


浦和は東京・大阪などには人口で劣るが、地元のサッカー熱が尋常ではなく
ホームタウンの人口も毎年増え続けているため、継続的にビッグクラブであり続ける可能性が高い。





 




[関連ページ]
日本のプロスポーツリーグの勢力図/リーグ全体の売上高ランキング
(NPB・Jリーグ・Vリーグ・Bリーグなど)
アメリカのプロスポーツ業界の市場規模比較
(MLB・NBA・NHL・NFL・インディレーシングリーグ・MLSなど)
日本のプロ野球チームの勢力図/売上高ランキング
(Jリーグを上回る日本一人気が高くて市場規模が大きいリーグ)
Bリーグ全体の市場規模/クラブ売上高ランキング
(今後、プロ野球・Jリーグに並ぶ規模になる可能性があり)










 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表