Jリーグ(J1リーグ)の各チーム公式ツイッターのフォロワー数ランキング



2017年春時点における、
Jリーグ(J1リーグ)の各チーム公式ツイッターのフォロワー数ランキング。

 

【2017年度版(2017/03集計)】

  1. 横浜Fマリノス 31.1万人
  2. 川崎フロンターレ 24.0万人
  3. 鹿島アントラーズ 23.6万人
  4. 浦和レッズ 18.9万人
  5. FC東京 16.2万人
  6. サンフレッチェ広島 13.9万人
  7. ガンバ大阪 11.6万人
  8. セレッソ大阪 10.6万人
  9. 清水エスパルス 8.0万人
  10. ジュビロ磐田 7.5万人
  11. アルビレックス新潟 6.9万人
  12. 柏レイソル 6.7万人(キャラクターのレイくんアカウント)
  13. 大宮アルディージャ 5.3万人
  14. サガン鳥栖 4.4万人
  15. コンサドーレ札幌 4.4万人
  16. ヴァンフォーレ甲府 3.2万人
  17. ヴィッセル神戸 3.0万人
  18. ベガルタ仙台 アカウントなし(あった場合は推定10万前後と思われます)


【特記事項】
  • 柏レイソルは公式サイトトップページから「レイくん」という公式キャラクターがリンクされています(チームアカウントなし)。

<総評>
人気では浦和レッズが1位と言われているものの、
さいたま市の人口が100万人強であるのに対し、
横浜市は人口約400万人の大都市のため、人口が圧倒的に多い横浜のFマリノスが首位という結果に。

そして、人口約150万人の川崎のフロンターレも以外な高い人気。
逆に鹿島は地域の人口から考えると、かなり地域に密着し
地元民たちの期待・希望の星であることがよくわかる数字に。

東京のFC東京は、東京の多摩地域本拠のためか、いまいち人気なし。

浦和レッズと同じさいたま市本拠の大宮アルディージャも、
浦和レッズ人気に押されてだいぶ人気低め。









 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
 


 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]