英国「ブッカー賞」とは? - 日本出身のカズオイシグロも受賞




2017年10月にノーベル文学賞を受賞したカズオイシグロ(石黒一雄)氏が
1989年に受賞していることで話題となっている、
英国の文学賞「ブッカー賞」とは?

 
 

ブッカー賞(Booker Prize)

*主にニュース記事参考。


ブッカー賞とは、ブッカーマコンネルという会社が主催している英国の文学賞。
1969年にスタート。

英国最高峰の文学賞として扱われているそうなので、
そこから考えると日本における直木賞(または芥川賞)のようなものと考えていいようです。

正式名は「マン・ブッカー小説賞」で、
なぜマン(Man)が付くかというと、Manという英国の投資会社がスポンサーであるため。

近年までは英国とアイルランドの作家だけが対象だったものの、今は英語で書かれた小説であれば国籍は問わないそうです。

 
賞の
正式タイトル


マン・ブッカー小説賞
(The Man Booker Prize for Fiction)

 

対象作品
 
英語で書かれた長編小説

対象作家
 


現在は国籍問わず。

[2013年までは]
英国籍作家
アイルランド国籍作家

 

発表時期
 
9月に候補が決まり、10月に受賞作が決定。


授賞式の規模
 
皇室まで絡んでくる。

例えば2018年度の年度の授賞式では
チャールズ皇太子妃のカミラ夫人から賞が渡された。
 

賞金
(変動する場合あり)
 
5万ポンド


英国での
ステータス

 
英国で最も権威ある文学賞扱い

日本の文学賞でいうと?
 


芥川賞
or
直木賞

 




 
 

過去の主な受賞作品

 
  • 1969年(第1回) Percy Howard Newby「Something to Answer for」
  • 1974年 Nadine Gordimer「保護管理人」・・・・1991年にはノーベル文学賞受賞
  • 1989年 カズオイシグロ「日の名残り(The Remain of the day)」
  • 2013年(第45回) Eleanor Catton「Luminaries」
  • 2018年 アンナ・バーンズ「Milkman」・・・・・・ハンガリー出身の女性作家




 


最終候補になったことがある日本関連作品

  • カズオイシグロ「わたしを離さないで(2005年)」


 








 

recommend




サイドメニュー

[サイト内検索]

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
支払いは楽天ポイントでOK。
期間限定ポイントを含めて
楽天スーパーポイントが残っていれば
毎月15日に引き落とされる仕組み。
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
 


 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]