賞概要&徹底比較:直木賞、本屋大賞



本屋大賞は純文学作品も一応は対象の範囲ながら、
TOP10に入ってくるとは大衆文学(エンタメ小説)系ばかりという意味で、
実質的な大衆文学(エンタメ小説)の国内2大文学賞となっている感じがある
「直木賞」と「本屋大賞」の意味や比較情報。



 
 

直木賞(直木三十五賞)



こちらは芥川賞と共に1935年に誕生した、歴史と伝統のある賞で、
一般受けの悪い純文学向けの賞である芥川賞に対して、大衆文学を対象にしているため、
世間からの注目度が高いほか、受賞後の単行本の売れ行きもすごいため、
国内最高ランクといって良い文学賞。


[経緯]
文藝春秋社を作った菊池寛氏が友達である直木三十五氏を化を冠した創設された
1935年(昭和10年)スタートの新進・中堅作家によるエンターテインメント小説向けの賞。


既刊の単行本が対象で
1年2回開催され、国内のトップ作家たちから成る10人程度の選考委員が選考。



 


 

本屋大賞



本屋大賞は
全国の書店員たちで構成される「NPO法人 本屋大賞実行委員会」という団体が、
出版業界が縮小傾向にある中で、業界を盛り上げるために2004年にスタートした文芸賞。


一番の特徴は芥川賞や直木賞が、
たった数人の大御所の作家(小説家)が選定するものであるのに対し、
こちらは一般消費者に近い立場の全国書店員の投票にて受賞作が決まる賞である点。



そして、「実際に勝った人の口コミ(評判)」が大きく消費に影響を与える時代の中、
一般消費者の一人ともいえる人たちが選んだ
「日本一面白い小説が決まる(はっきりする)文学賞」
として一気に有名になり、
口コミ最高ランクの小説で買うリスクがない、ということで近年では受賞後の売れ行きは直木賞をしのぐ勢い。


受賞のニュースも直木賞と同じくらいの扱われ方をしていて、
たった10年程度で国内最高ランクの文学賞の一つに。



なお、純文学系・エンタメ系といった従来の賞区分はないものの、
純文学小説は基本的に売れにくいのに対し、大衆性の高いエンタメ小説は売れやすい、
といった特徴により、純文学系作品がベスト10に入る場合もあるものの、実質的にはエンタメ小説系の賞となっています。



 
 

直木賞と本屋大賞の各種比較

 
 
直木賞
(直木三十五賞)
 
本屋大賞
スタート 1935年 2004年
創設経緯
文藝春秋社の創業者が
友人である直木氏の
名前を冠して創設される
 

出版不況が続く中、
書店顧客と一番近い位置にいる
書店員が売れる本を作っていく、
業界を盛り上げる流れを作るために
2004年にスタート。
 

選考方法
 

数人の現役作家が
選考委員を務め、
トーナメント方式で
受賞作を決める。
 

書店員1人あたり3作品に投票。
1位=3点
2位=2点
といったようなポイント制で
合計ポイントにより受賞作が決まる。

またベスト10は公式サイトにて
発表されるのが特徴。

 

対象
 


長編or短編集である
新進・中堅作家の
エンタメ小説
既刊単行本が対象。
 

既刊本。
とくにジャンルは問わないものの
実質的には純文学よりも
明確に売れやすいエンタメ小説が
対象となっている傾向。

長さには特に制限なし。

別途、翻訳部門もあり。
 

良いところ
 
受賞作は
日本を代表する
作家が面白さを認めた作品
であるという点。


消費者の一人ともいえる
書店員の投票にて
公平に決まるところ。

 

問題点
 


受賞作は
わずか数人の大物作家の
投票によって決まる。

そのため、
作家の個人的な感情が
選考に影響を与える
可能性がある。

例えて言うと、
1度目で受賞されてたまるか
という感情が絡む可能性もあり。


 
書店員(=販売員)が選ぶ賞である他、
受賞後の売れ行きのすごさが
今後ますます増してくると
出来るだけ単価の高いに
投票しようとする人が
増えてくる恐れも少しあり。
 

開催頻度
 

年2回。
上半期=7月
下半期=翌年1月
 
年1回。
4月に大賞が発表。

価値
 
国内最高の価値
近年、直木賞と同等の扱い。

受賞後の実売部数の増加度合いは
こちらのほうが上ともいわれる。
 

選考者
 

大ベテランも含めて
国内トップの現役作家たち
(10人くらい)
 
全国の書店員

受賞者の
傾向
 
既に有名な国内トップの
エンタメ系小説家
既に有名な国内トップの
エンタメ系小説家

話題性
 


Yahooニュースでも
トップ報道されるほか、
日本中が注目。

受賞決定後の
本の売れ行きもすごい。

 
直木賞同様に
Yahooニューストップ扱い。

そして、こちらも受賞後は
爆発的に売れる傾向。

賞金/副賞
 

正賞:懐中時計
副賞:100万円
 
不明

一言で言うと
どんな賞か
 
芥川賞よりもランクが高い
国内最高峰の文学賞

消費者の公平な投票により
その年の日本一おもしろい
エンタメ小説が決定する賞
 


 


 

ダブル受賞した作品とは?


2017年に恩田陸「蜜蜂と遠雷」が1月に直木賞を受賞したのち、
4月に本屋大賞を受賞し、13年目にして初めてW受賞作品が誕生。



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!









 

recommend




サイドメニュー

 

[サイト内検索]

 

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能
(自動引き落とし)


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

サイトマップ



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 
 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 


競合,類似雑誌の違い比較

 

社内姉妹誌の違い比較
 

SNS関連ランキング
 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

年度別の文学賞受賞作一覧
(+年度別ベストセラーランキング)

1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表