全国夕刊紙の一覧や部数ランキング情報




 

夕刊紙とは?


主に全国紙が発行しているほか、
夕刊専門会社が主に朝刊の半分のサイズである「タブロイド判」の形で
発行している、文字通り、夕方あたりに配達される新聞のこと。

全国紙に関しては、セットで販売されていて、セットで購読することも可能。

夕刊フジなどの夕刊専門紙に関しては、
朝刊紙とは違い、過激なタイトルの記事が目立ち、全国紙の朝刊紙とはまったく違う作風の傾向。

そして、近年ではWEBメディアも電子版的なものとして老若男女に人気。


 



朝刊は発行していない夕刊紙
 
紙名 概要 部数

夕刊フジ
(産経新聞社)
1969年創刊
 

産経新聞社が
産経新聞の
夕刊とは別に
発行している
辛口な芸能系夕刊紙。

媒体資料によると
男性読者が90%で
30代・40代の
サラリーマンが中心。
 
首都圏版106万部
関西版50万部
(1999年)

[正しくは雑誌扱い]
日刊ゲンダイ
([株]日刊現代)
1975年創刊
 

こちらは
辛口の政治系のネタで
有名な夕刊媒体。

正式には
れっきとした日刊雑誌
であるようです。
 
176万部
(2016年平均)


[夕刊スポーツ紙]
東京スポーツ

<地方版>
中京スポーツ
大阪スポーツ
九州スポーツ

 
さわやかなスポーツ新聞とは違い、
夕刊フジなどと共通する
辛口なテイストの
スポーツ紙と夕刊紙の中間的な
独特なポジション。

芸能とプロレスに強い。
153万部
(2017)

各地方版合計

日刊ゲンダイは日本新聞協会というものは非加盟である一方で、
日本雑誌協会には加盟していて部数も公表されている雑誌扱いの媒体。



 

全国紙による主な夕刊新聞


全国紙の夕刊は、朝刊よりうすっぺらく、テレビ・ラジオの番組表は夕方・夜の情報を掲載。
 
  部数
(夕刊)
関連
テレビ局・
ラジオ局
読売新聞
(1874年創刊)

約350万部
(2010)
 

読売テレビ
日本テレビ
 
朝日新聞
(1879年創刊)

夕刊約210万部
(2017)
 

テレビ朝日
ABC朝日放送
 

毎日新聞
(1911年創刊)
 

夕刊約200万部
(1996)
 

毎日放送
TBS
 

日本経済新聞
(日経新聞)
1876年創刊

金融/経済系
娯楽性はなし

 

138万部
(2015)
 

テレビ東京
 

△産経新聞
(起源は1933年)

夕刊は
大阪本社版のみ
東京版なし


 


約50万部
(2017)
 

フジテレビ
ニッポン放送
 


フジテレビでは民放テレビではもっとも巨大な存在。
一方、産経新聞は全国紙5紙の中では明確に規模が小さい。











 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 



<楽天マガジンのポイント>
無料で31日読み放題可能。
(31日以内に解約すれば完全無料)
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。
 

メニュー

「読書の力」トップページ


[メインコンテンツ]

企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


それぞれの成功者の良い考え方を学べる著書も紹介しています。



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 


出版/娯楽ビジネス情報

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
日別ページを作成しています

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 


年度別の文学賞受賞作

[続々発表!]
2020年度の主要文学賞受賞作一覧

[1月発表]
本屋大賞2021ノミネート10作品
(あらすじ/ジャンル/評判等)

 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

年度別のページを作成しています