野球雑誌比較





 

週刊ベースボール


国内唯一の週刊野球情報誌

 

データ

タイトル 週刊ベースボール
出版元 ベースボール・マガジン社
内容

ホットな情報を送りつづける唯一の野球専門誌

 

日本のプロ野球から、社会人野球、学生野球といったアマチュアに、

韓国・台湾の動向、そしてアメリカ・メジャーリーグ・ベースボールまで、

グローバルに野球を解説・評論する日本唯一の野球専門誌。

創刊 1958年4月
発売日 毎週水曜日
発行部数 非公開(媒体資料にも掲載なし)

読者レビュー

最新号目次

定期購読



週刊ベースボール 定期購読

バックナンバー

&最新号の通販

電子版 今のところなし
関連リンク 公式サイト

広告掲載案内

・媒体資料など

媒体資料




「週刊ベースボール」の最新号も今すぐ読める、
月額固定制の雑誌最新号/バックナンバー読み放題サービス
「楽天マガジン」の無料体験はこちらから。
(楽天IDあれば即申込完了&即お試し解除可能なので一切心配不要)






 



 

ベースボールマガジン

 

データ

タイトル ベースボールマガジン
出版元 (株)ベースボール・マガジン社
内容

ベースボールに関する情報誌

 

春季号ではその年の展望・選手名鑑、冬季号では総決算。
テーマを絞った特集で野球ファンをうならせる専門誌。

創刊 1946年5月
発売日 奇数月19日
発行部数 非公開(媒体資料にも記載なし)

読者レビュー

最新号目次

定期購読



ベースボールマガジン 定期購読

バックナンバー

&最新号の通販

電子版 Fujisan : ベースボールマガジン電子版
関連リンク

ベースボールマガジン公式サイト

出版社公式サイト

広告掲載案内

・媒体資料など

広告案内・媒体資料


 



国内唯一のメジャーリーグ専門情報誌
 

SLUGGER

プロ野球ai

 

データ

タイトル スラッガー(SLUGGER)
出版元 日本スポーツ企画出版社
内容

他では読めないメジャーリーグ情報と、ド迫力の写真が満載。

日本人選手だけでは満足できないあなたに!

 

『スラッガー』では、ベースボールの最高峰、

メジャーリーグの魅力を、毎月24日にお届けしています。

 

毎月のタイムリーな特集をはじめ、現役スカウト部長が

1人の選手を取り上げて書き下ろす好評連載企画

「スカウティング・レポート」など、

他では決して読めない記事がぎっしり。

 

もちろん、旬の選手のロングインタビューや、

新聞・テレビの報道だけでは伝えきれない裏の裏の事情もバッチリ。

全30チームそれぞれの最新情報がわかる

「チーム・レポート」も毎月載っています。

その上、超ユニークなメジャーリーガーを毎号紹介する

「MLBキテレツ紳士録」のようなオモシロ企画も。

(続きはFujisanサイトにて)

創刊 調査中
発売日 毎月24日
発行部数 調査中

読者レビュー

最新号目次

定期購読



スラッガー 定期購読

バックナンバー

&最新号の通販

電子版 Fujisan : スラッガー電子版
関連リンク スラッガー公式サイト

広告掲載案内

・媒体資料など

今のところなし


 



 

月刊ジャイアンツ

 

データ

タイトル 月刊ジャイアンツ
出版元 (株)報知新聞社
内容

読売巨人軍監修 レギュラーからファームまで、

GIANTS情報がギッシリ!

 

2009年、セ・リーグでは36年ぶりとなるV3を達成したGIANTS。

主力の阿部、小笠原、ラミレス。坂本、松本、越智、山口ら若手選手。

さらには兄弟優勝を果たしたファームまで、

巨人の情報なら『月刊ジャイアンツ』

創刊 1976年4月
発売日 毎月24日
発行部数 非公開

読者レビュー

最新号目次

定期購読



月刊ジャイアンツ 定期購読

バックナンバー

&最新号の通販

電子版 KindleStore 月刊ジャイアンツ電子版
(リンク先は報知新聞社の電子書籍カテゴリ)
関連リンク

月刊ジャイアンツ 公式サイト

読売ジャイアンツ公式サイト

広告掲載案内

・媒体資料など

(オンライン上)

なし


 


 

月刊タイガース

 

データ

タイトル 月刊タイガース
出版元 阪神タイガース(編集 : 東洋紙業)
内容

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

 

月刊タイガースは阪神タイガースが発行する

球団唯一のオフィシャル誌です。

迫力ある選手のグラビアから、読み応えのある記事、

成績データやファームの動向まで、これ一冊で全てOK!

読者参加コーナーでは憧れのあの選手に会えるかも!?

タイガースファンなら必携の一冊です。

 

尚、年間定期購読お申し込みの方には、

毎月抽選で主力選手のサイン色紙をプレゼント!

 

 

 

※2012年春時点の誌面案内文です。

創刊 1978年
発売日 毎月1日
発行部数 非公開

読者レビュー

最新号目次

定期購読



月刊タイガース 定期購読

バックナンバー

&最新号の通販

WEB版

bn03.gif
公式サイト兼WEBマガジン「月刊タイガースWEB」

関連リンク

月刊タイガース公式ツイッター

東洋紙業公式サイト

広告掲載案内

・媒体資料など

今のところなし


 


 

月刊ドラゴンズ(Dragons)

 

データ

タイトル 月刊ドラゴンズ
出版元 中日新聞社
内容

中日ドラゴンズの「今」をフォロー。

最密着メディア「中日スポーツ」が責任編集

 

中日ドラゴンズファンとのふれ合い雑誌として、

1983年の創刊以来親しまれてきた月刊誌。

迫力のグラフ、選手の核心に迫るインタビューや試合詳報など、

竜党にはたまらない、充実の内容です。

創刊 1983年
発売日 毎月22日
発行部数 調査中

読者レビュー

最新号目次

定期購読



月刊ドラゴンズ

バックナンバー

&最新号の通販

電子版

Fujisan : 月刊ドラゴンズ電子版

マガストア : 月刊ドラゴンズ電子版

※電子版のほうがやや割安

関連リンク

中日新聞 : 月刊ドラゴンズ公式サイト

中日ドラゴンズ公式サイト 月刊ドラゴンズ情報

広告掲載案内

・媒体資料など

今のところなし


 


 

月刊Hawks(ホークス)

 

データ

タイトル 月刊Hawks(ホークス)
出版元 ソフトバンククリエイティブ
(編集・印刷 : ジャパンプリント株式会社)
内容 fujisan-text.png
説明文なし
≪以下は雑誌公式HP内の誌面案内文≫
選手インタビューや選手同士の対談、試合結果はもちろん、
イベント情報やチケット情報まで、
ホークスの全てがわかるホークスファンのための雑誌です。

ファン同士のコミュニティの活性化や全国へのファン拡大、
そして球団とファンとの架け橋となり、
自他共に認める日本一のチーム作りのために、
誌面制作をしていきたいと考えています。
創刊 2000年10月
発売日 毎月20日発売
発行部数 調査中
読者レビュー
最新号目次
定期購読
fujisan.png
1222762_l.jpg
月刊Hawks(ホークス)

 
バックナンバー
&最新号の通販
Fujisan : 月刊Hawksバックナンバー一覧
電子版 -
WEB版 -
関連リンク 公式サイト
ジャパンプリント公式サイト
球団サイト
広告掲載案内
・媒体資料など
-


 




 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから


<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表