浦和レッズ専門情報雑誌,WEBメディア一覧と比較




Jリーグナンバー1のビッグクラブといわれる、
埼玉県さいたま市本拠の浦和レッズの情報を専門とする、
主な紙メディア・WEBメディアの一覧。

浦和レッズ公式サイトを除く。



 

URAWA MAGAZINE(浦和マガジン)

「月刊浦和レッズマガジン」として2000年代半ばに創刊され、
月刊誌としての休止時期を経て2017年に「浦和マガジン」として復活。

誌名変更後は不定期刊行のようです。



URAWA MAGAZINE(浦和マガジン)



【Fujisan.co.jp情報】
Jリーグでナンバーワンの人気を誇る浦和レッズをテーマにした不定期刊行誌です。
選手のロングインタビュー、クラブOBや豪華執筆陣による人気連載など
読みごたえのある記事が満載のサッカー雑誌。


 


浦和レッズについて議論するページ(浦議)

ヤフーで「浦和」「浦和レッズ」と検索するとすぐ見つかるため、
浦和レッズ関係者や行政関係者にもおなじみと思われる、
1990年代から長く続く、浦和レッズ系情報WEBメディアの代名詞。

ニュースとサポーターが意見を言い合う掲示板の2本柱。



【主な内容】
  • 掲示板
  • 浦和レッズに関する関連ニュース
  • 投票
  • コラム
 


REDS PRESS

こちらは浦和レッズファンのカリスマである
大野勢太郎さんが所属するレディオパワープロジェクトという地元企業が運営する
有料会員制のモバイルメディア。

2003年にスタート。

【主な内容】
  • 毎日の練習レポート
  • 選手インタビュー
  • 監督インタビュー
  • 関係者コラム
 


REDS WAVE(放送メディア)


REDSWAVE 87.3FM

こちらは地元のレッズ情報中心のコミュニティラジオ局。
PCかスマートフォンがあれば、全国どこでもネット経由で聴取することが可能。

番組スタッフが練習場で収録した毎日のインタビューや
試合前日の監督会見の模様、試合後の選手インタビューなどが
音声で無料で聴けるので、紙で練習レポートのインタビューなどを
読むのが面倒なかたにはおすすめのメディア。



 



無料WEBメディアに関しては、
「浦議」のほかに、特に競合する大きな情報サイトは見つからず。



【その他】
  • GGR(GOGO REDS)・・・・・テレビ埼玉の番組
  • URAWA CH・・・・・スカパーの専門番組











 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
(31日以内に解約すれば完全無料)
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
支払いは楽天ポイントでOK。
期間限定ポイントを含めて
楽天スーパーポイントが残っていれば
毎月15日に引き落とされる仕組み。


<楽天マガジンのポイント4>
Android端末ならSDカードに保存可
  
 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
日別ページを作成しています
 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

年度別のページを作成しています