ジョン・ラセター(映画監督/プロデューサー)さんの名言集

 

プロフィール



ディズニー勤務を経て、スティーブ・ジョブズが設立したといわれる
ピクサーアニメーションスタジオの中心として1980年代から活躍しはじめ、
1990年代半ばには世界初のフルCGアニメ映画「トイ・ストーリー」を完成させ、アカデミー賞を獲得。

その後、ピクサーがディズニーに吸収されてからも、
ディズニー/ピクサーにて監督・総指揮者として活躍し、数々のヒット作を生み出す。

日本通・宮崎駿信者としても有名で、2002年から2003年にかけては
「千と千尋の神隠し」の全米公開において宮崎氏を大きくサポートし、アカデミー賞獲得に大きく貢献。


 
 

ジョン・ラセターさんの名言集

 



「カーズ/クロスロード」監督への助言
スタッフみんなの存在を決して忘れてはいけない。
彼らの仕事にいかに長けているか、いかに助けられているかを常に心掛けるんだ。

 


神は細部に宿る。
god be in detail(これは他者の発言)。

■ジブリもビクサーも大事にしているという芸術政策の格言。
成功・ヒットするかはディテールまで手を抜かずに作りこめるかどうかがカギになるという意味。

 


素晴らしい映画には3つの要素が必要です。
1つ目は良いストーリー、
2つ目は魅力的なキャラクター。

そして、ラストは「本当にこんな世界もあるのではないか」というような非現実ともいえない世界観です。
宮崎アニメのヒット作には、まさにこの3つが揃っている。

 


宮崎映画すばらしさは映画の中に「静寂」のシーンを作っていることです。
(トトロのバス停のシーンなどを例に挙げて)

逆に現在のアメリカの映画はスピーディーで最初から最後までうるさい映画はがりなのです。
宮崎アニメは静寂を作ることにより、それがギャップとなり、アクションシーンのスリルが増すのです。

 


「続編否定派であることに対して」
アメリカのエンターテインメント文化の悪いところは、
何かの作品がヒットすると、そこで終わりにはせず、次々に続編を作ってしまう。
そのうちにヒットしなくなり、伝説の作品が伝説ではなくなってしまう。

だから、私たちは続編は良いストーリーができる時だけしか作りません。

 


『カーズ/クロスロード』の日本版エンディングテーマに決定した
奥田民生の書き下ろし楽曲「エンジン」に関して。


『エンジン』は本当に素晴らしい曲です。
この歌を『カーズ/クロスロード』に提供してもらったことを私自身もピクサーのみんなも光栄に思っています。
すごくワクワクしています!

 


僕が宮崎さんを深く知るきっかけとなった
「ルパン三世 カリオストロの城」の素晴らしいシーンは冒頭のカーチェイス。
日本独自の節約の美学とクレバーさに興奮し、これぞ僕がやりたいことだと強く感じました

 


1987年、一人で電車に乗ってジブリに行った時、宮崎さんはまさにトトロの製作中で、
「ねこバス」という不思議な乗り物に対して説明を求めた時、
まるでねこバスのような笑顔で僕に色々な説明をしてくれました。

その瞬間、監督とは作品そのものであり、こんな風に映画を作らなければならないと感じました

 



宮崎さんは僕のキャリアだけでなく、人生にも大きな影響を与えている。
実は妻のナンシーと結婚したのも『カリオストロの城』のおかげ。
彼女にひと目ぼれした僕は、彼女にビデオを見せたんだ。
幸い、彼女も『大好き』と言ってくれて、僕にふわさしい女性だと直感した。
5人の息子も『ラピュタ』を見て育ったよ」。

 


「宮崎駿氏に対して」
宮崎さんはウォルト・ディズニーと並んで僕に大きな影響を与えてくれた一人。
並外れた想像力と創作力の持ち主です。
また、私にとっても、ピクサーやディズニーのアニメーターたちにとっても、大きなインスピレーションの源です。

 


例えば、私がほかの監督の作品をサポートすることになっても、
決して私のダメ出しやアイディアが絶対ではありません。
これは私自身がピクサーで培ってきた文化なのですが、平等に全ての人の意見を聞き、最高の意見を取り入れるのです。

 








 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表