森岡毅さん(株式会社ユー・エス・ジェイ)



森岡毅さんは、USJを運営する(株)ユー・エス・ジェイの執行役員。
2016年春に「USJを復活させた仕掛け人」として、
テレビ東京系「カンブリア宮殿」に出演。

番組内で様々な名言を残す。

なお、2016年12月に2017年から1月を持って
ミッションを果たし、USJから離脱することが発表された。


 

「努力を通り越した先でアイデアは舞い降りてくる」

アイデアというものは、
情熱をもって頑張り続け考え続ける姿勢で仕事をする中で、
努力を通り越した瞬間にアイデアが出てくることが多いものだ。

途中であきらめる人にはアイデアは降りてこない。
 

好きじゃない仕事をしているなら、ほかの仕事に移ったほうが良い。
本当に好きなものだったら、とてつもない馬力や粘りが出て枯れないし、
疲れてもまたすぐに立ち直れる。
 

お金やアイデアはなくても、
アイデアだけはすべての人の頭の中に平等に存在する。
 

*失敗を恐れずに挑戦した社員を表彰する
「スイング・ザ・バット」という賞に関して。
(空振りでも良いのでフルスイングを奨励する賞)


社員にはもっと驚くようなアイデアを出してほしい。
いい意味でのリスクをとって成功率は下がっても良いので、
巨大なホームランを誰かが打ちにいく姿勢を私は奨励したい。

だから、結果は出なくても頑張りは評価されるということを
明確にするために、社員皆の前で行われる賞の表彰式を開催している。

とにかくエンターテインメントビジネスは
新しいことに挑戦する精神がなくなったらすぐに飽きられてしまうので、
「挑戦する姿勢」を大事にしなければと考えている。
 

僕は強い会社に入って安定するという発想はなく、
「どの会社に勤めているんですか?」という問いではなく、
「あなたは何が出来るんですか?」
という問いに耐えられる人間になりたい。
 

会社と結婚するのではなく、職能と結婚してほしい
(自分の職種に必要な能力を極めてほしい)
 

幸運や奇跡とは偶然起こるものではない。
執念やアイデアを真剣に絞り出す姿勢の中から起こるもの。
(おおまかな文脈)
 

本から学んだ理論だけで仕事をするマーケターは、
「差別化」という美しい戦術に憧れて溺れることがある。
そして、差別化すること自体にこだわってしまい、本当の目的を失ってしまう。

例えていうと、チェスの初心者が自分の得意なナイトを
どう美しく動かすかにこだわってしまい、本来の勝ちから遠のいてしまうのと同じ。
 

アイデアとは目的から先に考えろ。
(詳しくは著書にてご確認ください)
 

神様の正体は「確率」。
(詳しくは著書にてご確認ください)

 




 


 
 

 

 
 

 



Amazon「森岡毅」キーワード検索一致作品







 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
 


 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]