1970年代のベストセラー作品




 
誰のために愛するか
曽野綾子


発行部数 : 200万部以上
(著者プロフィールより)

映画版あり
青春出版社
1970年(文庫版複数あり)
ジャンル エッセイ
 

≪2005年版文庫説明文≫

愛というものは、それだけでひとつの完結した世界なのだろうと思う。

それはしかし、生命そのものである・・・。

文芸春秋社文春文庫から95年に刊行された

「誰のために愛するか(全)」の第1部を新装版化。

不朽のミリオンセラー。


ランキング

1970年度ベストセラーランキング第2位

1971年度ベストセラーランキング第9位

(出版ニュース社HPより)

 

スパルタ教育
石原慎太郎

発行部数 : 70万部
(石原慎太郎公式サイト情報)
1970年度ベストセラーランキング第4位(出版ニュース社HPより)
恍惚の人
有吉佐和子


映画版あり
 
1972年(文庫版複数あり)
ジャンル 小説

Amazonでの内容説明
 

文明の発達と医学の進歩がもたらした人口の高齢化は、

やがて恐るべき老人国が出現することを予告している。

老いて永生きすることは果して幸福か?

日本の老人福祉政策はこれでよいのか?

 

老齢化するにつれて幼児退行現象をおこす

人間の生命の不可思議を凝視し、

誰もがいずれは直面しなければならない

“老い”の問題に光を投げかける。

空前の大ベストセラーとなった書下ろし長編。


ランキング情報

1972年度ベストセラーランキング第1位

1973年度ベストセラーランキング第6位

(出版ニュース社HPより)


 
日本列島改造論
田中角栄

発行部数 : 約90万部
(読売新聞Webサイト情報)
1972年
ジャンル 政治

1972年度ベストセラーランキング第2位(出版ニュース社HPより)
 
藤田田著
「ユダヤの商法」

発行部数 : 104万部
1972年5月
ジャンル 投資・金融・会社経営

1972年度ベストセラーランキング第17位(出版ニュース社HPより)

 
小松左京著
「日本沈没」
 

発行部数 : 上下巻合計約400万部
※平均200万部
(小松左京事務所HP情報)

電子書籍あり

映画版・コミック版あり

1973年3月(文庫版複数あり)
ジャンル 小説
 

≪2005年版文庫案内≫

伊豆・鳥島の東北東で一夜にして小島が海中に没した。

現場調査に急行した深海潜水艇の操艇者・小野寺俊夫は、

地球物理学の権威・田所博士とともに日本海溝の底で起きている

深刻な異変に気づく。

 

折から日本各地で大地震や火山の噴火が続発。

日本列島に驚くべき事態が起こりつつあるという

田所博士の重大な警告を受け、

政府も極秘プロジェクトをスタートさせる。

小野寺も姿を隠して、計画に参加するが、

関東地方を未曾有の大地震が襲い、東京は壊滅状態となってしまう。

全国民必読。

二十一世紀にも読み継がれる400万部を記録したベストセラー小説。


ランキング情報
1973年度ベストセラーランキング第1位(出版ニュース社HPより)
 


 
佐木隆三著
復讐するは我にあり」

発行部数 : 111万部
※文庫版込の累計部数と思われます

映画版あり
単行本1975年頃(文庫版複数あり)発売
ジャンル 小説

【改訂新版より】

列島を縦断しながら殺人や詐欺を重ね、

高度成長に沸く日本を震撼させた稀代の知能犯・榎津巌。

捜査陣を翻弄した78日間の逃避行は

10歳の少女が正体を見破り終結、逮捕された榎津は死刑に―。

綿密な取材と斬新な切り口で直木賞を受賞した

ノンフィクション・ノベルの金字塔を

三十数年ぶりに全面改訂した決定版。


ランキング情報
1976年度ベストセラーランキング第12位(出版ニュース社HPより)
 
遠藤周作著
「ぐうたら人間学」
1972年10月

1973年度ベストセラーランキング第2位(出版ニュース社HPより)
山崎豊子著
「不毛地帯」

発行部数 : 累計約510万部
(2009年秋時点。映画.com情報)

電子書籍あり

ドラマ版あり
1976年(文庫版 : 複数あり)
小説
 

ランキング情報
1976年度ベストセラーランキング第3位
(1・2巻計。出版ニュース社HPより)


 
大前研一著
「企業参謀」

売上部数 : 累計約50万部
(続編・文庫込)

電子書籍あり
1975年(文庫版 : 複数あり)
ビジネス書

Amazonでの内容説明

新しい時代の企業戦争を生き残る鍵を握るのは、

評論家になり下がったスタッフ集団でも、

アイデアを花火のように打ち上げるだけの一匹狼でもない。

 

組織の中にあって、企業の頭取脳中枢として

戦略的行動方針をつくりだし、それをラインに実行させる

独特の力をもつ「企業参謀」集団

─その存在が命運を決める。

村上龍著
「限りなく透明に近いブルー」
 

売上部数 :
単行本 : 約130万部
累計部数 : 約350万部
(Wikipedia非公式情報)


電子書籍あり

映画版あり

1976年7月(文庫版 : 1978年12月)
小説

Amazonでの内容説明

青春の退廃と激情を、独特の手法で描ききった話題作。

「ニューズウィーク」「ワシントンポスト」も絶賛。

ランキング情報
1976年度ベストセラーランキング第2位 (出版ニュース社HPより)

 

桃井かおり著
「しあわせづくり」

発行部数 : 30万部
(大和書房HP情報)
1977年(文庫版 : 1981年)
エッセイ


 
長谷川町子著
「サザエさんのうちあけ話」
1979年1月

ランキング情報

1979年度ベストセラーランキング第4位(出版ニュース社HPより)

松山千春著
「足寄より」

発行部数 : 50万部以上
(復刻版作品の説明文より)
1979年4月
(文庫版 : 1983年・復刻版 : 2006年)
タレント本
 

【復刻版ページより】

この本を読まずして、千春を語ることはできない。

23歳の千春が書き下ろした唯一の自伝。

たくさんの方のご要望に応えて、

デビュー30周年記念に、あの“伝説の書”が、特別復刻!!

50歳になった現在を語る新規書き下ろしも掲載。


ランキング情報
1979年度ベストセラーランキング第6位(出版ニュース社HPより)

 

池田満寿夫著
「エーゲ海に捧ぐ」

発行部数 : 126万部
※文庫版含めた数字と思われます

映画版あり
1977年4月(文庫版複数あり)
小説

Amazonでの内容説明

サンフランシスコのアトリエにいる彫刻家を責め立てる、

日本の妻からの長い国際電話。

彫刻家の前には二人の白人女性が・・・。

卓越したシチュエーションと透明なサスペンスで

第七十七回芥川賞に輝いた表題作ほか二篇を含む、

衝撃の愛と性の作品集。


ランキング情報
1977年度ベストセラーランキング第3位(出版ニュース社HPより)


 
矢沢永吉著
「成りあがり」

発行部数 : 約100万部
(Wikipedia非公式情報
1978年7月(新装版 : 2004年)
タレント本
 

≪新装版より≫

広島から夜汽車に乗って上京した少年。

ポケットにはアルバイトで貯めた5万円しかなかったが、

胸には熱く燃える大きな固まりがあった。

「おれは音楽をやる、星になる!」。

 

その少年はいま、願いどおり星になった。

星の中の星、スーパースターに。

だがここにあるのは、うつろな星のささやきではない。

くやしさも、みじめさも、すべて吐きだし、

泣いている、笑っている、叫んでいる。

この一冊はそのまま矢沢永吉の歌なのだ。


 
五木寛之著
「四季・奈津子」
 

発行部数 : 234万部

(文庫版込の累計部数)

映画版あり

1979年7月(文庫版複数あり)
小説
 

≪文庫版より≫

きみはボスポラスの海を見たか。

奈津子は3年ごしの恋に終止符を打って東京へと旅立った。

波留子、奈津子、亜紀子、布由子。

それぞれの宿命を背負った四人姉妹の人生が

透明な音色で響きあう。


ランキング情報
1979年度ベストセラーランキング第3位(出版ニュース社HPより)

久徳重盛著
「母原病」

発行部数 : 単行本50万部
(サンマーク出版発表データ)
1979年月(文庫版 : 1991年)
ジャンル 社会問題



 



 

サイドメニュー

 

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能
(自動引き落とし)


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)


<楽天マガジンのポイント5>
読書家必読の月刊誌
「ダ・ヴィンチ(1冊680円)」
も丸ごと読める
(最新号/バックナンバー1年分)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2019年1月にノミネート10作品発表