1989年の各分野年間ベストセラーランキング




 

1989年度単行本総合ベストセラーランキング(出版科学研究所調べ)

 
  1. 吉本ばなな「TUGUMI」
  2. 吉本ばなな「キッチン」
  3. 山本雄二郎「消費税こうやればいい」
  4. シドニィ・シエルダン「時間の砂(上・下)」
  5. 吉本ばなな「白河夜船」
  6. 吉本ばなな「うたかた/サンクチュアリ」
  7. 吉本ばなな「哀しい予感」
  8. 山本守之「消費税 実務と対策はこうする」
  9. 村上春樹「ノルウェイの森(上・下)」
  10. 藤村由加「人麻呂の暗号」
  11. ドラゴンクエスト3公式ガイドブック(エニックス)
  12. 吉本ばなな「パイナップリン」
  13. SWホーキング「ホーキング、宇宙を語る」
  14. 村上龍「ラッフルズホテル」
  15. 津本陽「下天は夢か(1・2・3・4)」
  16. 井上靖「孔子」
  17. 宮沢りえ写真集Pour Amitie
  18. 赤川次郎「三毛猫ホームズのプリマドンナ」
  19. 盛田昭夫・石原慎太郎「NOと言える日本」
  20. オールナイト・ニッポン編「究極の選択」


若い女性達の間で吉本ばななブームが起きた年。
ベスト10の半分をばなな作品が占める。

「TUGUMI」や「キッチン」は映画版も大ヒット。




1位作品(kindle版あり)

「TUGUMI」内容(「BOOK」データベースより)
病弱で生意気な美少女つぐみ。
彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、
つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った―。
少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。
第2回山本周五郎賞受賞。




2位作品(kindle版あり)

「キッチン」内容(「BOOK」データベースより)
家族という、確かにあったものが年月の中でひとりひとり減っていって、
自分がひとりここにいるのだと、ふと思い出すと目の前にあるものがすべて、うそに見えてくる―。
唯一の肉親の祖母を亡くしたみかげが、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居する。
日々のくらしの中、何気ない二人の優しさにみかげは孤独な心を和ませていくのだが…。
世界二十五国で翻訳され、読みつがれる永遠のベスト・セラー小説。
泉鏡花文学賞受賞。



 



トーハン(旧東京出版販売)調べ 1989年度単行本・文芸部門TOP10
 
  1. 吉本ばなな「TUGUMI」
  2. 栗良平 栗っ子の会「一杯のかけそば<栗良平作品集2>」
  3. 吉本ばなな「キッチン」
  4. シドニィ・シエルダン「時間の砂(上・下)」
  5. 吉本ばなな「白河夜船」
  6. 吉本ばなな「うたかた/サンクチュアリ」
  7. 吉本ばなな「哀しい予感」
  8. 村上春樹「ノルウェイの森(上・下)」
  9. 村上 龍「ラッフルズホテル」
  10. 津本 陽「下天は夢か(1・2・3・4)」
 

トーハン(旧東京出版販売)調べ 1989年度新書・ノベルス部門TOP10

 
  1. 赤川次郎「三毛猫ホームズのプリマドンナ」
  2. 胡桃沢耕史「翔んでる警視正3」
  3. 西村京太郎「L特急・しまんと殺人事件」
  4. 西村京太郎「十和田南へ殺意の旅」
  5. 西村京太郎「寝台特急・あさかぜ1号殺人事件」
  6. 西村京太郎「十津川警部の決断」
  7. 西村京太郎「志賀高原殺人事件」
  8. 西村京太郎「特急・富士に乗っていた女」
  9. 胡桃沢耕史「翔んでる警視事件簿 国際謀略編」
  10. 赤川次郎「三姉妹探偵団6」




文庫1位作品(格安kindle版あり)

「三毛猫ホームズのプリマドンナ」内容(「BOOK」データベースより)
指揮者・朝倉宗和の要請で、声楽コンクールの会場警備にかりだされた片山刑事とホームズ。
コンクールの開始直前に、優勝候補ナンバーワンの井田貴子が何者かに狙われたのだ。
何事も起こらなければいいと思いながらしぶしぶ出かけた片山だったが・・・・。
会場では貴子とライバルの丸山恭子をめぐって次々と事件が発生した。
表題作ほか2編の短編に、著者の自伝的エッセイ「三毛猫ホームズの青春ノート」を加えた作品集。
大人気、三毛猫シリーズ第17弾。




 
 

1989年に活躍した主な作家

 
  • 吉本ばなな
  • 赤川次郎
  • 西村京太郎
  • シドニィ・シエルダン
  • 村上春樹
  • 村上龍
  • 胡桃沢耕史
  • 鳥山明
  • 秋本治
  • 森田まさのり
  • 車田正美



 
 

1989年のヒット雑誌

 
  • 週刊少年ジャンプ・・・・・・ドラゴンボールなどアニメ作品を通じて雑誌もさらに人気アップ
  • Hanako・・・・・・男女雇用均等法の施行で女性の社会進出が進む中、「Hanako」族と呼ばれた流行に敏感な若い女性が街に溢れる。「Hanako族」は流行語大賞にもノミネートされた。


 
 

音楽分野のベストセラー

 

オリコン年間シングルランキングTOP10
  1. プリンセンプリンセス「DIAMONDS」 81.5万枚
  2. プリンセンプリンセス「世界でいちばん熱い夏」 75.9万枚
  3. 長渕剛「とんぼ」 74.6万枚
  4. 光GENJI「太陽がいっぱい」 68.2万枚
  5. Wink「愛が止まらない」 63.0万枚
  6. 工藤静香「恋一夜」 60.7万枚
  7. Wink「寂しい熱帯魚」 54.9万枚・・・・・・レコード大賞受賞曲
  8. 工藤静香「嵐の素顔」 52.4万枚
  9. 工藤静香「黄砂に吹かれて」 52.4万枚
  10. Wink「涙をみせないで」 52.3万枚

その他の主なシングルヒット曲
  • マルシア「ふりむけばヨコハマ」
  • ブルーハーツ「TRAIN TRAIN」
  • ZIGGY「GLORIA」
  • 爆風スランプ「Runner」
  • 松任谷由実「ANNVERSARY」
  • サザンオールスターズ「さよならベイビー」
  • 宮沢りえ「DREAM RUSH」
  • 竹内まりや「シングルアゲイン」
  • 中山美穂「Witches」
  • 男闘呼組「TIME ZONE」
  • 美空ひばり「川の流れのように」
  • COMPLEX「Be My Baby」
  • 渡辺美里「ムーンライトダンス」





オリコン年間アルバムランキングTOP10
 
  1. 松任谷由実「Delight Slight Light Kiss」 157.6万枚
  2. 久保田利伸「The Baddest」 96.4万枚
  3. 長渕剛「昭和」 87.6万枚
  4. 中森明菜「Best 2」 79.7万枚
  5. TM NETWORK「CAROL」 66.0万枚
  6. 杏里「CIRCUIT of RAINBOW」 64.9万枚
  7. BOOWY「SINGLES」 64.2万枚万枚
  8. 光GENJI「HEY SAY!」 63.1万枚
  9. 工藤静香「Graduation」 61.6万枚
  10. ハウンドドッグ「GOLD」 60.9万枚


その他のヒットアルバム
  • 渡辺美里「Flower Bed」
  • ブルーハーツ「TRAIN TRAIN」
  • サザンオールスターズ「すいか」
  • プリンセスプリンセス「LOVERS」
  • 永井真理子「ミラクルガール」





 
 

1989年度の映画興行成績上位作品



日本映画製作者連盟調査データ



[邦画]
  1. 魔女の宅急便 21.5億円
  2. ドラえもん のび太の日本誕生/ドラミちゃん・ミニドラSOS!! 20.2億円
  3. オルゴール 14.0億円
  4. 利休 12.7億円
  5. 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日/釣りバカ日誌 12.5億円
  6. 「226」 11.5億円
  7. 座頭市 11.0億円
  8. これからの物語 少年たちのブルース/ふ・し・ぎ・なBABY 10.5億円



[洋画]
  1. インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 44.0億円
  2. レインマン 33.0億円
  3. カクテル 17.0億円
  4. ロジャーラビット 14.4億円
  5. ブラック・レイン 13.5億円









 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表