1990年(平成2年)のベストセラー本,雑誌,CDランキング




[この年の傾向]
日本ではシドニィ・シェルダンブームが吹き荒れていた年。
また、前年末をピークに日経平均株価が一気に下がり始めた年で、
日本の景気動向に関する本もよく売れた。



 
 

1990年度(平成2年)年間ベストセラーランキング



東販調べ 1990年度ベストセラー総合ランキング
 
  1. 愛される理由 二谷友里恵
  2. 真夜中は別の顔(上・下) シドニィ・シェルダン
  3.  「NO」と言える日本 盛田昭夫・石原慎太郎
  4. ドラゴンクエスト4公式ガイドブック(上・下) エニックス編集部 編
  5. 明日があるなら(上・下) シドニィ・シェルダン
  6. 「1998年日本崩壊」エドガー・ケーシーの大予告 五島 勉
  7.  文学部唯野教授 筒井康隆
  8. 恋愛論 柴門ふみ
  9. 41歳寿命説 西丸震哉
  10. うたかた(上・下) 渡辺淳一
  11. ホーキング、宇宙を語る S・W・ホーキング
  12. それでも「NO」と言える日本 石原慎太郎
  13. 日はまた沈む ビル・エモット
  14.  国際情報 JUST NOW 落合信彦
  15.  アメリカインディアンの教え 加藤諦三
  16. 川の流れのように 美空ひばり
  17.  孔子 井上 靖
  18. TVピープル 村上春樹
  19.  六十歳からの生き方 多湖 輝
  20.  1990'S 世界はこう動く 落合信彦



1位作品
当時の郷ひろみ夫人・二谷友里恵さんによるエッセイ系作品

「愛される理由」内容(「BOOK」データベースより)
出逢い、告白、結婚、そしてニューヨークでの闘病生活…。
風のように流れた4年の歳月をリック・スプリングフィールドのBGMにのせ、いま静かに語り始める。




2位作品(kindle版あり)
世界中で大ヒット。日本では小説版のほかTVドラマ版も大ヒットしたミステリー作品

「真夜中は別の顔」Amazon内容紹介
凄まじい怨念。仕返しのクモの巣は張られた。
ロンドンからワシントン、さらに南太平洋へと、男の転地を調査網が追う。
何も知らずに美女のもとに飛び込んで行くプレイボーイ。
紙一重の愛と憎しみに翻弄される二組の男女。生き残れるのは誰なのか?
愛で結ばれた運命の夫婦を操るのは誰か?
ニューヨーク・タイムスベストセラーに連続52週選ばれた傑作長篇。



3位作品



 



東販調べ 1990年度単行本・文芸部門ベストセラー
  1. 真夜中は別の顔(上・下) シドニィ・シェルダン
  2. 文学部唯野教授 筒井康隆
  3. うたかた(上・下) 渡辺淳一
  4. 孔子 井上 靖
  5. TVピープル 村上春樹
  6. 私が殺した少女 原 尞
  7. わが性と生 瀬戸内寂聴
  8. 想い出にかわるまで 内館牧子
  9. 後宮小説 酒見賢一
  10. 遠い太鼓 村上春樹





東販調べ 1990年度単行本ノンフィクション部門ベストセラー
  1. 愛される理由 二谷友里恵
  2. ドラゴンクエスト4 公式ガイドブック(上・下) エニックス編集部編
  3. 恋愛論 柴門ふみ
  4. 41歳寿命説 西丸震哉
  5. ホーキング、宇宙を語る S・W・ホーキング
  6. 川の流れのように 美空ひばり
  7. 六十歳からの生き方 多湖 輝
  8. さらば桑田真澄、さらばプロ野球 中牧昭二
  9. 自分をもっと深く掘れ! 新渡戸稲造・竹内均解説
  10. この国のかたち(一・二) 司馬遼太郎





【東販調べ 1990年度単行本ビジネス部門ベストセラー】
  1. 日はまた沈む ビル・エモット
  2. 国際情報 JUST NOW 落合信彦
  3. 1990'S 世界はこう動く 落合信彦
  4. 経済頭脳を持っているか 長谷川慶太郎
  5. 日本は悪くない ビル・トッテン
  6. 1990年版 長谷川慶太郎の世界はこう変わる 長谷川慶太郎
  7. 全予測90年代の世界 牧野 昇
  8. 新規の世界 転機の日本 堺屋太一
  9. パワーシフト(上・下) アルビン・トフラー
  10. 1入門の入門経済のしくみ 大和総研






東販調べ 1990年度新書(ノベルス)ベスト10
  1. 明日があるなら(上・下) シドニィ・シェルダン
  2. 特急ゆふいんの森殺人事件 西村京太郎
  3. 三毛猫ホームズの四季 赤川次郎
  4. 創竜伝(5・6) 田中芳樹
  5. 特急ひだ3号殺人事件 西村京太郎
  6. 特急「有明」殺人事件 西村京太郎
  7. スーパー雷鳥殺人事件 西村京太郎
  8. 宗谷本線殺人事件 西村京太郎
  9. パリ発殺人列車 西村京太郎
  10. 「のと恋路号」殺意への旅 西村京太郎




東販調べ 1990年度新書(ノンフィクション)ベスト10

1 「NO」と言える日本 盛田昭夫 石原慎太郎
2 「1998年日本崩壊」エドガー・ケーシーの大予告 五島 勉
3 それでも「NO」と言える日本 石原慎太郎 渡部昇一 他
4 アメリカインディアンの教え 加藤諦三
5 ゾーンセラピーの手のひらツボ魔法 五十嵐康彦
6 ノストラダムスの大予言 中東編 五島 勉
7 ‘90年版頭のいい銀行利用法 野末陳平 他
8 MJ12の謎と第18格納庫の秘密 T.G.ベクリー 南山宏 訳
9 日はまだ昇る 渡部昇一
10 続 日本人の英語 マーク・ピーターセン


 



この時期の主なベストセラー作家
  • シドニィ・シェルダン
  • 村上春樹
  • 村上龍
  • 西村京太郎
  • 赤川次郎
  • 柴門ふみ(書籍/コミック)
  • さくらももこ(コミック)


 
 

1990年頃に売れていた主な雑誌

  • 週刊少年ジャンプ・・・・・推定300-500万部
  • 週刊少年マガジン
  • 週刊少年サンデー
  • hanako
  • anan
  • ノンノ・・・・・・・・推定100万部前後
  • 家の光 109.4万部
  • 女性自身 88.7万部
  • ザ・テレビジョン 82.7万部
  • 女性セブン 82.5万部
  • 週刊ポスト 70.5万部
  • プレイボーイ 68.4万部
  • 週刊宝石 64.5万部
  • 週刊文春 63.5万部
  • 月刊文藝春秋 63.5万部
  • 週刊女性 62.2万部
  • ESSE 60.1万部
  • MORE
  • with
 
 

ベストセラー小説や漫画との関連も深い映画分野の興行成績ランキング


日本映画製作者連盟調査データ。



[邦画TOP10]
  1. 天と地と 50.5億円
  2. タスマニア物語 25.2億円
  3. ドラえもん のび太とアニマル惑星/チンプイ 19.1億円
  4. 稲村ジェーン 18.3億円
  5. 男はつらいよ ぼくの伯父さん 釣りバカ日誌 14.1億円
  6. クライシス2050 14.0億円
  7. オーロラの下で 11.0億円
  8. ゴジラVSビオランテ 10.4億円
  9. あげまん 10.0億円



[洋画TOP10]
  1. バック・トゥ・ザ・フューチャー2 55.3億円
  2. バック・トゥ・ザ・フューチャー3 47.5億円
  3. ダイハード2 32.0億円
  4. ゴースト ニューヨークの幻 28.0億円
  5. バットマン 19.1億円
  6. ゴーストバスターズ2 17.5億円
  7. 7月4日に生まれて 14.7億円
  8. デイズ・オブ・サンダー 14.1億円
  9. グレムリン2 新種誕生 13.5億円
  10. フィールド・オブ・ドリームス 11.5億円



 
 

1990年の主なヒット曲(CD売上ランキング上位)


おどるポンポコリン/BBクイーンズ・・・・・・・年間ランキング1位。レコード大賞を受賞
真夏の果実/サザンオールスターズ
浪漫飛行/米米CLUB
愛は勝つ/KAN
さよなら人類/たま
今すぐKiss Me/リンドバーグ
情熱の薔薇/ザ・ブルーハーツ
夜明けのブレス/チェッカーズ
夢を信じて/徳永英明
雨/森高千里







 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表