1996年・1997年のベストセラー


 
患者よ、がんと闘うな
近藤誠

発行部数 : 約45万部
(様々なネット資料参考)
1996年3月(文庫版 : 2000年)
医学入門

Amazonでの内容説明

手術は無用。

抗がん剤治療の90%は無意味。

がん検診は無駄。

「がん常識」を一変させる革命書。

第57回文芸春秋読者賞受賞。

 

本書は、こうすればがんが治るだとか、

がん治療に明るい未来があるのだと語るものではありません。

むしろ、がんは今後も治るようにはならないだろうことを説くものです。

 

しかし、がんに対する不安や恐怖が、

癌の本質や性質に関する無知や誤解に基づいていたのだとしたら、

新たな知識や視点を得ることによって、

不安や恐怖はむしろ解消されるのではないでしょうか。

あのころ
さくらももこ
1996年7月(文庫版 : 2004年)
エッセイ
1996年度ベストセラーランキング第10位(出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

エッセイ・ファンも漫画ファンも大満足保証付。

2秒に一回あなたを襲う笑いの爆弾、遂に登場!!

 

歯切れのいい名調子は、もはや芸術。

テーマは待望の「子供時代」。

もちろん大爆笑モノ。

 

木村拓哉
撮影 : 横須賀功光

発行部数 :
推定40万部前後
1996年12月
写真集

Amazonでの内容説明

「ロングバケーション」「協奏曲」などに出演、

いま最も目の離せないアイドル・木村拓哉。

そのありのままの姿を捉えた待望の写真集。

 

猿岩石日記1・2

発行部数 : 約250万部
(Wikipedia非公式情報)
パート1 : 1996年10月
パート2 : 1996年11月
(ともに文庫版 : 1998年)
旅行記
1996年度ベストセラーランキング第4位
(1・2巻合計。出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

【パート1】

「進め!電波少年」は極限のごくごく一部にしかすぎなかった!

香港からインドまで有吉と森脇の89日間大感動日記。

 

脳内革命
春山茂雄
 

売上部数 :

単行本 : 410万部
(サンマーク出版発表データ)

1995年5月(文庫版 : 2000年8月)
神経科学

1995年度ベストセラーランキング第10位

1996年度ベストセラーランキング第1位

(1・2巻計。出版ニュース社HP情報)
 


Amazonでの内容説明

どんなに嫌なことがあっても、事態を前向きに肯定的にとらえると

脳内には体に良いホルモンができる。

プラス発想こそが心身にとって最高の薬となることを、

医学的・科学的に明らかにした画期的な書。

 

脳内革命2
春山茂雄

発行部数 : 約130万部
(サンマーク出版発表データ)
1996年9月
精神神経科学 : 神経科学
1996年度ベストセラーランキング第1位
(1巻・2巻合計。出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

前著「脳内革命」は、プラス発想することで

脳から脳内モルヒネが出、それが心身を好ましい方向に導く

という指摘で空前の大ベストセラーになった。

 

本書は生活の中で脳内モルヒネを出すための

詳しい実践法を述べた第2弾。

 

ビストロスマップ完全レシピ

発行部数 : 139万部
1996年12月
クッキング・レシピ
1997年度ベストセラーランキング第7位(出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

フジテレビ系番組「SMAP×SMAP」

話題のコーナー「ビストロスマップ」。

番組で放送された大好評のメニューから、

すぐに作れるとっておきのレシピを、

シェフ姿のSMAPの写真とともに収録する。

 

ふたり
唐沢寿明

売上部数 : 約130万部
1996年4月(文庫版 : 1998年8月)
エッセイ
1996年度ベストセラーランキング第11位(出版ニュース社HP情報)
 

Amazonでの内容説明

家族や学校と訣別し、役者を目指した少年が

ドン底でつかんできた生きる哲学。

大嫌いなポロシャツを着てさわやかな笑顔を練習した日々。

やがてめぐり逢う山口智子との新しい愛の形。

誠実に綴られた初めてのエッセイ。


 

石原慎太郎
 

売上部数 : 120万部
(石原慎太郎公式サイトより)

 

1996年7月(文庫版 : 1999年6月)
小説
1996年度ベストセラーランキング第7位(出版ニュース社HP情報)

Amazonでの内容説明

小樽、湘南の少年時代。海との結合。父の死と経済的逼迫。
放蕩の季節を経て、一躍映画界のスターへ。
そして栄光と比例するように襲いかかる病魔との闘いの日々。
たった一人の弟の光と影に秘められた知られざる生涯。

 

パソコン「超」仕事法
野口悠紀雄

発行部数 :
単行本推定30万部から40万部
1996年4月(文庫版 : 1998年)
コンピュータ・IT
1996年度ベストセラー総合ランキング : 推定20位前後

Amazonでの内容説明

「パソコンを使うことが目的ではない。仕事に活用できなければ無意味だ」

― ミリオンセラー『「超」勉強法』の著者が

20年の経験をもとに書き下ろした、

「1人1台」時代への野口流ノウハウ。

 

超右脳革命
七田眞
 

発行部数 :
単行本推定30万部前後

 

1996年8月(文庫版 : 1998年)
自己啓発 : 能力発見・自己改革
1996年度書籍総合売上ランキング : 推定30万部前後

Amazonでの内容説明

人間の未開発能力は右脳にあった。

右脳の深い意識や感覚を引き出し、

能力だけでなく、運までもを開くやり方を紹介する。

 


たまごっち母子手帳
Wink up特別編集
 

発行部数 : 45万部

(1997年3月時点)
1997年2月(新書サイズ相当)
ゲーム攻略本
トットちゃんとトットちゃんたち
黒柳徹子

発行部数 :
単行本推定30万部から40万部
1997年7月(新書版 : 2001年)
国際政治情勢

 

Amazonでの内容説明

 

スワヒリ語では、子どものことを「トット」といいます。

 

ユニセフの親善大使に選ばれた

トットちゃんこと黒柳徹子が視察した、

アフリカやアジアの戦争や飢えに苦しむ

小さなトットちゃんたちの現状報告。

 


ももこの世界あっちこっちめぐり
さくらももこ
1997年6月
エッセイ
1997年度ベストセラーランキング第5位(出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

憧れのスペインを皮切りに、バリ島、アメリカ西海岸、

ラスベガス、ベニス、パリなど6ヵ国17ヵ所を駆けめぐる。

世界各地ハプニングづくし、新たな笑いと感動のエッセイ。

イラスト・写真満載。

 

まる子だった
さくらももこ

発行部数 :
単行本推定50万部前後
1997年9月(文庫版 : 2005年)
エッセイ

日販調べ :1997年度ベストセラーランキング内の
ノンフィクション単行本部門第7位
 


Amazonでの内容説明

まる子だったあのころをつづる爆笑エッセイ。

 

大ヒット漫画『ちびまる子ちゃん』の作者が、

子供時代を振り返る第2弾!

 

ノストラダムスの大予言、モモエちゃんのコンサートetc。

・・・・爆笑と郷愁がこみあげる傑作エッセイ!

(文庫版説明文)

 

パンダのan・an
小泉今日子

発行部数 :
単行本推定30万部前後
1997年3月(文庫版 : 2009年)
タレント本
1997年度総合ベストセラーランキング : 推定30位前後

Amazonでの内容説明

子どもの頃の話から、結婚して現在に至るまでの

様々なエピソードを満載したエッセイ集。

章ごとに一枚のカラー写真がそえられ、

楽しいコメントが付いている。

『an・an』の連載を一冊に。

 

徳川慶喜家の子ども部屋
榊原喜佐子

発行部数 : 37万部
1996年11月(文庫版 : 2000年)
歴史・地理
1997年度ベストセラーランキング第16位(出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明


後の将軍の孫に生まれ、高松宮妃殿下を姉に持つ著者が

小石川第六天町の三千坪のお屋敷での

夢のような少女時代を回想する。

戦前の華族階級の暮らしの貴重な記録。

 

「次」はこうなる
堺屋太一
1997年8月
日本論
1997年度ベストセラーランキング第4位(出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

避け難く、かつ未曽有の大変化が日本と日本人に迫っている。

外される国ニッポン、国を滅ぼす官僚の「玉砕主義」など、

現在の日本に警鐘を鳴らし、

「いま」われわれがどうすべきかを問い質す。

 

チョコレート革命
俵万智

売上部数 :
約35万部
1997年5月(文庫版 : 2000年1月)
歌集
1997年度ベストセラーランキング第19位(出版ニュース社HP情報)

 

Amazonでの内容説明

 

愛と愛が戦うとき女性はどう変わるのだろう?

「サラダ記念日」から10年―待望の第3歌集。

 

にんげんだもの
相田みつを

発行部数 : 約200万部
(電子版案内文情報)

電子版あり
1984年4月
詩集

Amazonでの内容説明

「銀花」42号で紹介した相田さんの、書とことばが一冊の本に。

優しい心をやさしいことばで伝えようとしたら、文字も優しくなった。

 

失楽園
渡辺淳一

発行部数 :
上巻約140万部
下巻 : 調査中

映画版・ドラマ版あり
1997年2月(文庫版 : 2000年)
小説

日販調べ : 1997年度年間ベストセラーランキング・フィクション部門第1位(上下巻)
 


Amazonでの内容説明

突然閑職に追いやられた敏腕編集者・久木。

失意にくれる彼の前に、夫との冷え切った関係を持て余す

美しき人妻・凛子が現れる。

まるで結ばれるのが宿命であるかのように、

ふたりは激しい恋に落ちてしまう。

その純粋なる想いを貫き通すため、

ふたりは究極の愛の世界へと足を踏み入れる―。

 

「人を愛する」ということは、どういうことなのか?

男女の愛の極限を描き切った、渡辺文学の最高傑作。

 

黒い家
貴志祐介
 

発行部数 : 100万部以上

(映画版公式サイト情報。
細かい数字不明)

電子書籍あり

映画版あり

1997年6月(文庫版 : 1998年)
小説


Amazonでの内容説明

人はここまで悪になりきれるのか?

人間存在の深部を襲う戦慄の恐怖。

巨大なモラルの崩壊に直面する日本。

黒い家は来たるべき破局の予兆なのか。

人間心理の恐ろしさを極限まで描いたノンストップ巨編。


 

梅桃(ゆすらうめ)が実るとき
吉行あぐり

発行部数 :
単行本推定25万部前後
1985年12月(文庫版 : 1998年)
自伝

日販調べ : 1997年度年間ベストセラーランキング・フィクション部門第9位
 


Amazonでの内容説明

作家・故吉行淳之介、詩人・吉行理恵、女優・吉行和子。

三人の特異な個性を伸ばし育てた母は、

自身も美容界の草分けとしてひたすらに駆け抜け、

89歳の今も美容師を続ける。

15歳の結婚から始まった波瀾の人生。

 

少年H
妹尾河童
 

発行部数 : 175万部

(上下巻合計)
1997年1月(文庫版 : 1999年)
小説
1997年度ベストセラーランキング第2位
(上下巻合計。出版ニュース社HPより)

Amazonでの内容説明

胸に「H.SENO」の文字を編み込んだセーター。

外国人の多い神戸の街でも、昭和十二年頃に

そんなセーターを着ている人はいなかった・・・・。

 

洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、

好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」こと

妹尾肇が巻き起こす、愛と笑いと勇気の物語。

 

鉄道員
浅田次郎

売上部数 :
約150万部

電子書籍あり

映画版あり
1997年4月(文庫版 : 2000年3月)
小説

出版ニュース社HP情報 :1997年度ベストセラーランキング第3位
日版調べ : 1999年度ベストセラーランキング内フィクション単行本部門第3位


Amazonでの内容説明

娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた―。

心を揺さぶる“やさしい奇蹟”の物語・・・。

表題作はじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」など8編収録。

 




サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)

 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表