2000年当時の国内雑誌売り上げ部数ランキング




2000年当時の国内雑誌発行部数上位情報。
庶民の可処分所得も多かったバブル期の1990年と比較し、大半の雑誌の部数が大きく減少。



[2000年当時のABC公査部数上位ランキング]
非加盟雑誌もあるので完全なランキングではありません。

 
  1. 月刊ザ・テレビジョン<新雑誌> 89.4万部
  2. 家の光 81.6万部
  3. ノンノ 78.7万部
  4. 週刊ザ・テレビジョン 74.3万部
  5. 週刊ポスト 66.8万部
  6. 週刊現代 65.4万部
  7. 週刊文春 64.8万部
  8. with 64.6万部
  9. 週刊新潮 52.2万部
  10. 女性セブン 51.2万部
  11. 月刊文藝春秋 44.8万部
  12. CanCam 44.7万部
  13. ESSE 43.49万部
  14. 女性自身 43.41万部
  15. 週刊プレイボーイ 42.1万部
  16. 週刊大衆 36.4万部・・・・・・1990年23.5万部、1995年26.9万部から上昇
  17. 週刊女性 36.2万部
  18. 日経ビジネス 33.1万部・・・・・・1990年25.6万部、1995年28.9万部から上昇
  19. 週刊朝日 32.0万部
  20. 主婦の友 31.7万部
  21. Kansai Walker<新雑誌> 31.6万部
  22. 日経パソコン 31.5万部……1990年15.3万部、1995年20.2万部から急上昇
  23. popteen 30.6万部




[その他急上昇]
  • Zipper 26.8万部
  • CUTiE 推定25-30万部
  • Yahoo! Internet Guide 22.1万部
  • 日経PC21 19.4万部
  • 日経ベストPC 18.4万部
  • 日経ネットナビ 12.9万部



[その他の主な非加盟雑誌]
  • 週刊TVガイド
  • MORE
  • Smart
  • ViVi
  • 会社四季報


 



【傾向】
  • 1995年に創刊された、週刊より月刊コスト低い「月刊ザ・テレビジョン」が創刊まもなく高い人気。
  • 大半の雑誌はバブル期に比較して下落傾向ながら、PC系雑誌は部数上昇傾向
  • 「女性」と名が付く週刊の芸能誌が特に下落幅大きい






 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
 


 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]