アイルトン・セナ(元F1ドライバー)の名言集

 

プロフィール



1960年生まれ。
1980年代前半にF1デビューし、1988年にマクラーレン・ホンダに移籍。
1988年から1989年にかけて、チームメイトのアラン・プロストとの激しい戦いが世界中で話題に。
その後、1993年までに3度のタイトルを獲得するも、1994年のサンマリノGPで事故死。

 
 

アイルトン・セナの名言集


YouTube内の非公式映像内での発言も一部含みます。


「90年の鈴鹿後の話」
自分とライバルの間にギャップ(スペース)があって、そこに少しでもチャンスがあるなら、
そこに飛び込まないのはレーシングドライバーじゃない!


 


「インタビューでリタイアしたレースのことを聞かれて」
勝ったレースはどうでもいい。
それよりも勝てなかったレースに「なぜ勝てなかったか?」ということに僕は興味があるんだ

 


「君(というライバル)がいてくれないと、僕はやる気が出ないんだよ」

*プロストがF1を休養していた年の2人の電話内の会話での発言。

 


「バブル崩壊後の1990年代初頭にホンダのF1撤退を聞いて」
撤退話がうわさであることを願っていたが、そうせざるを得ない状況モわかっていた。
僕はホンダの一員として、ドライブ出来たことを誇りに感じている。
東京・栃木などのホンダ関係者の努力と業績に対して心からお礼を言いたい。

*だんだん涙で話で話すのが難しくなってきて、
そう言い残して涙をぬぐいながら急いで現場を去る

 


「1993年に引退し、1994年はテレビの解説の仕事をしていた
プロストと無線での会話より(亡くなったGPでの2人の最後となった交信)」

親愛なる友人、アラン、元気かい?
君がいなくなってさびしいよ。

 

「才能は生まれつきのモノか?という質問に対して」
誰もが何らかの傾向性をもって生まれてくるものだと思うんだ。
その後、チャンスを得て、ただ望むだけでは十分ではなく、その才能を伸ばすことができる。
家族や友人達にその才能を見せるだけではなくプロとして示すことができるようになる。
でも才能を持っていても、その才能を伸ばすことができない人もいる。
才能があって、チャンスに恵まれ、それに集中して実力をつけ、勉強し決意し、自分のしていることを好きであるという人もいる。
生まれつきもっているものがあって、それを個人的・または集団の中で伸ばして特別なレベルに達する。

それは成功しているスポーツ選手に共通して言えることだね。

 

■多分、才能とはもともとある程度与えられたものではあるものの、
それ以降に関しては本人の努力や一つのことに集中できるか次第だ、というような意味


 


「神の存在について聞かれて」
世の中には色々な宗教や神様がいるけど、
我々は皆それぞれが信仰心を持っていると思う。
そして、僕は神の存在を信じているし、信仰心もある。
空の上のほうにいて、この世の出来事すべてを知っていて、この世をコントロールする者の存在を信じている。
僕はいつも神を信じてきたし、神は我々の人生を決める者であると思う。
 

■多分、この発言は「だからこそ、神をミカタにつけるため、
日頃の行いを天に見せること、努力している姿を天に向かって見せることが重要だというような意味」

 


レースは僕にとって挑戦だよ。
だからこそマシンを飛ばし、自分の時間のほとんどをレースに捧げ、訓練が積めるんだ。
できるだけ速く限界にいどみ、トップでチェッカーを受ける。
それが僕のチャレンジ精神だよ。

 


僕はF1にデビューした頃からF1ドライバーとして
テクニックの面だけでなく、メンタルな面も自分でトレーニングしてきた。
レンタルトレーニングはレース以外のことにも役立つよ。
精神的なことで色々応用がきくしね。

 



 

























 

サイドメニュー

 


無料お試しスタートはこちらから


<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

サイトマップ



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 
 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 


競合,類似雑誌の違い比較

 

社内姉妹誌の違い比較
 

SNS関連ランキング
 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

年度別の文学賞受賞作一覧
(+年度別ベストセラーランキング)

1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表
 
 

 

 

[サイト内検索]