フェルナンド・トーレス(サッカー元スペイン代表)の名言

 

フェルナンド・トーレスのプロフィール



1984年生まれ。
アトレティコ・マドリッドを経て、
イングランド・プレミアリーグのリバプールにてブレイクし、世界指折りのストライカーに。
2008年のユーロ決勝では重要なゴールを決め、
2010年のワールドカップ、2012年のユーロ(欧州選手権)でもスペイン代表の優勝に貢献。

2018年夏にJリーグのサガン鳥栖に移籍し、終盤戦の大事な試合で重要なゴールを決め、
チームのJ1残留に大きく貢献した。
2019年夏にイニエスタやビジャが所属する神戸との試合を最後に引退。


欧州系サッカー選手の中でも
特に謙虚な姿勢と高い人間性をもつ人物として知られる。


 
 

フェルナンド・トーレスの名言集

 


<ある試合で自身の最高のパスを金崎が凡ミスしたものの起こらず抱きしめた事について>
普通の事をしたまでですよ。
チームメイトがミスをしたら助けなければならないし、うまくいったら祝福する。

サッカーにおいて勝つためには
「ポジティブでいる事」
「チームメイトの支えがある」
という事が大事
で、僕はチームメイトがミスをした時に
その選手に対して文句を言ったりするのは好きではない。


 



[引退会見にて]
サッカーをはじめてから、常に諦めない気持ちで物事に取り組み、それが自信になった。
この姿勢でプレーをし続けてこれたのは幸せな事だと思う。

 


<アトレチコでキャプテンをやっていた頃について>
様々なタイプのキャプテンがいるが、自分は
「練習に一番早く来る」
「一番最後に帰る」
「100%で取り組む」
それが良い模範を示すための最善の方法だと思ってやって来た。

 


長くタイトルとは無縁であったが、
2008年にユーロに優勝してから見える景色は一気に変わり、
代表や所属チームで次々にタイトルが獲れるようになった。
より多くのタイトルをとりたい、と勝利への意欲が強くなるんだ。
例え10個のタイトルをとっても満足できなくなる。

勝利に対して貪欲であり続ける事が大事なんだ。

 



すべての事には時間が必要である。
でも、オープンなマインドがあれば、
そんなに時間をかける事なく多くの事を学ぶことができる。


 


この素晴らしい国の事をもっと僕ら(海外の人々)は知るべきだ。
日本人は立派な人々であり、僕らに多くのことを教えてくれる。

 



日本の選手達は技術に自信を持ってプレーするが、それを信じすぎてチームの戦術を忘れがちだ。
特に試合の後半において攻撃をする人と守備をする人に分かれ、
中盤に誰もいない"オープンゲーム"になる事があるが、それは問題点だ。

戦術というものは守備だけでなく、得点のチャンスを増やす上で大切なんだ。


 









 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 



<楽天マガジンのポイント>
無料で31日読み放題可能。
(31日以内に解約すれば完全無料)
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。
 

メニュー

「読書の力」トップページ


[メインコンテンツ]

企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


それぞれの成功者の良い考え方を学べる著書も紹介しています。



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 


出版/娯楽ビジネス情報

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
日別ページを作成しています

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 


年度別の文学賞受賞作

[4月発表]
本屋大賞2020大賞/2位以下
(あらすじ/ジャンル/評判等)

 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

年度別のページを作成しています