佐藤琢磨(カーレーサー/インディカードライバー)選手の名言

 

佐藤琢磨(カーレーサー/インディカードライバー)選手の名言

 

プロフィール

1977年生まれ。

1987年のF1日本GP観戦を機にカーレーサーを志すようになり、
高校時代はまず自転車競技に励み、一般的な年齢で自動車免許を取得。

そして、20歳になる1997年にHONDA系のレーシングスクール
「鈴鹿レーシングスクール」に入学し、好成績を残して国内のレースにデビュー。

1998年には渡英してモータースポーツの本場・英国にて修業を積み、
2001年にはF1の下部カテゴリであるイギリスF3にてシリーズチャンピオンになり、
2002年にレースデビューから約5年というスピードで、
HONDA系チームの「ジョーダン・ホンダ」からF1にデビュー。

翌年はシートを失い、B・A・Rホンダの3rdドライバーとして過ごし、
2004年にB・A・Rホンダのレースドライバーに昇格し、
表彰台を獲得するなどF1の世界で2008年まで活躍。

所属チームに解体によりしばらく休暇を余儀なくされるも、
2010年には舞台を移してアメリカ大陸最高峰のモータースポーツシリーズ
「インディカーシリーズ」に参戦しはじめ、
2013年には日本人として初めてF1/インディカーという世界の2大カテゴリ内での優勝(レース勝利)を果たす。


その高い行動力や目標達成力の高さは全アスリートの中でも指折りの存在。

 

佐藤琢磨選手の名言

 

「No Attack,No Chance」
待っているだけで挑戦しなければ、まずチャンスが訪れること自体がない、
だから自分からつかみに行く、という意味。

佐藤琢磨選手の人生のモットーとして世界的に有名な思想。

 

夢とは、本当に実現させようととひたすら解決方法を探していれば、
必ずなんらかの解決方法が見つかるもの。
僕はそう信じて常に突破口を探しながら挑戦してきた。
 


僕は10歳の時、鈴鹿でFを見てF1レーサーを志すようになってから、
頭の先からつま先まで、F1レーサーになることだけを考え、行動してきた。
(お風呂に入っている時も、お風呂に寝そべってレースをしているイメージレーニングまでしていた)

*一つのことに目標を絞り考え続けることの大事さを印象付けるエピソード。

 

僕はレースができるようなお金持ちの家の子でもなく、
レース界のコネもなく一般的に家で育ったため、簡単にレースができる環境ではなかったため、
高校生になってまず自転車レースでインターハイに出ることを考えたが、
自分の学校には自転車部がなかった。

そこで僕は、担任の先生に頼んで熱意を伝え、
自転車を立ち上げてもらった

(その後、実際にインターハイに出場して無名ながら優勝)
 


<鈴鹿レーシングスクールの枠が7人募集であるところに
レース・カート界で既に活躍していた70名のつわものたちが
応募してモータースポーツほぼ未経験(わずか3か月のカート経験のみ)の
琢磨にとっては絶体絶命だった時の有名エピソード>

試験官に合格者の決め方を質問したところ、、書類審査だけで合格者7名を決めるといった。
ただし、当時19歳でラストチャンスとしてやってきた僕は、
書類審査だけだと100%落ちると思った。

なので僕は試験管にお願いだから話をしてくれ、
面接をしてくれと熱く嘆願し、その結果面接も行われることになり、
結果、熱意が伝わり、試験管たちの期待・注目を集めることに成功し、合格することができた。



 


僕の持論なのですが、
恐怖を人間が感じる時というのは、
そこから先の領域が未知すぎて、未来が見えない時。
(逆に言うと結果が見えている時は恐怖は感じない)

それでも、怖さよりも達成してみたいという気持ちのほうが上回る。

*全世界のモータースポーツ界の中でも
特に度胸があると言われる琢磨の恐怖心の乗り越え方に関する発言。

 

夢ばっかりだと、遠すぎて人はめげてしまう。
だから僕は、そこに到達する過程のある程度達成可能な小さな目標を
一つずつ達成して、目標を達成する楽しさを味わいながら今日までやってきた。
 


<トークショーにて「チャレンジしたい若者へのアドバイスは?」に対する答え>
一つの方向だけに囚われないことが大事です。
たしかに自分がやりたいけどなかなかチャレンジできないにはいくつかの理由があると思います。
例えば環境の問題だったり、ハードルが高かったり、どうしても物理的に無理だったり。
でも、それは一面しか見ていないわけで、
(諦めずに)色々なチャレンジをしていくと多方面からトライすることが出来る。
そして、トライしていれば、そのうち一つは道が開けるというか。

なので僕は「ノーアタック、ノーチャンス」をモットーにしており、
夢を持つ人には、とにかく挑戦をしてほしい

そして、挑戦して信じ続ければ夢は叶うんです。

 



<2018年鈴鹿レーシングスクールの校長に就任した際のコメント>
速く走るための技術や実力はもちろん大事ですが、
それだけでは世界には通用しないと考えています。
勝てるドライバーというのはチームの求心力にならないといけません。
そのために何が必要かというと、人間力、いわば人間的な魅力なんです。



 








 

サイドメニュー

 

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能
(自動引き落とし)


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)


<楽天マガジンのポイント5>
読書家必読の月刊誌
「ダ・ヴィンチ(1冊680円)」
も丸ごと読める
(最新号/バックナンバー1年分)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表