長友佑都(サッカー日本代表)の名言・思想を学べる作品情報

 

メンタルの大事さを常に語り、フィジカル+メンタル力をアップさせることで、
近年驚異的な成績を残している注目のアスリート。

座右の銘は「すべては心から(体は心で動いている)」で、
常日頃からメンタル力を鍛えることの重要性を語っている。

同じくメンタル力の高さで知られる本田圭祐と比較すると、
本田選手はメンタル状態によって好不調の波が大きいのに比べ、
落ち込むことなく常に高いメンタル状態を維持し、好不調の波が少ないのが特徴。
 

常に高いパフォーマンスを発揮する彼の言葉はアスリートは
もちろん、あらゆる人に必ず役に立ちます。
自分のメンタルの弱さでお悩みのかたは彼の発言に要注目。
 

 

 

長友佑都の名言

 

名言リスト

すべてはメンタルだ
体は心で動いている。自分の能力を引き出すのはメンタルだ
 

"努力する才能"がないと成長できない

限界を決めているのは自分自身の心。
僕は夢や成長には限界がないと思っている。

嫌なこともとらえ方や見方を変えればプラスに転換することができる。
すべては自分の心次第である。

人間には無限の可能性が秘められている。
だからこそ、誰もが夢を持ち、それを実現させようと頑張れる。
何を頑張るかといえば、まずは自分という人間を磨くことだと思っている。

努力は無駄にはならないし、努力は裏切らない。
必ず報われる時がくる。
神様は乗り越えられる試練しか与えない

自分の力を信じる力、自信があれば、困難を目の前にしたときも前向きにチャレンジできる。
できるかな? じゃなく、やれるんだ! という気持ちで挑めば、結果も違ってくる。

目の前のチャンスを活かして成長すると、
その先にもっと上の自分が待っていると思うとワクワクする

飽くなき向上心が全ての原動力だ。停滞は後退につながる。
進化なくして明日はない。満足したら成長しない。

安定した日々には興味がない。
常に危機感いっぱいの崖っぷちに立っているような緊張感の毎日が欲しい。


人よりも上手くなりたい、人よりも成長したい。
しかし、同じ練習をしていたら伸び率は同じになってしまうと思うので、
人より練習することが大事だと思う。
 

人として一流にならなければ、一流のサッカー選手にはなれない
インテルには選手として大きな結果を残している選手がたくさんいるが、
能力・技術が高いからというだけで結果を残せたわけではない。
素晴らしい心を持ち、人としても一流だからだ。

 



夢は自分の中にある!

 

僕は才能に溢れるめちゃくちゃうまい選手をたくさん見てきた。
でも、練習ではうまいのに試合になるとそれを発揮できないケースを何度も見てきた。

いかに努力できるか。
いかにそれを継続できるか。

ピッチ内だけじゃなく、
ピッチ外のところに勝敗のカギがあるんじゃないかと僕は思う。

そして、最後まで選手として残っているのはハートが強い選手だと思う。
(本番で起こりうる様々なことを想定し、
努力,準備をし尽くすことができれば、本番でも平常心で戦える)
 


僕はインテルで世界一になりたいという目標がある。

そして、サッカーを楽しんでいるというより、
夢に向かって全力で頑張って成長している自分というものを楽しんでいて、
最高の努力をすることにより、まだ見たことのない成長した先の
"最高の自分"
というものを見てみたいから、
どんなにきつくても努力することができる。

 



"同じポジションの選手、ライバルが活躍するな"
と思うようなレベルの低い戦いはしたくない。
ライバルが試合に出て、その選手が活躍して、でも自分がそれ以上に活躍するというのが本当の競争意識だと思う。
それが自分の中での哲学。

ライバルに良いプレーをしてもらって、
それ以上のプレーを自分がするというのを心掛けてきたし、
それが自分自身もチームもレベルアップすることだと思う。

 


<2017年のインタビュー発言>
自信が過信につながった。
でも、足元を固めないと、悪くなったときに崩れるのが早い。
今は謙虚になれている。
日の丸をつけてピッチに立てることがどれだけ名誉か、代表の重みを感じている。

 



<公式ツイッターでのつぶやき(原文のまま)>
安定を求めてる人ほど安定しない。
自分の可能性を安く定めているから。
厳しい環境に身を置けば、
そこで生き残るため知恵を絞り、感覚が研ぎ澄まされ、
どこにいても適応できる人間になれる。
時代の流れは早く、変化も目まぐるしい。
厳しい環境で挑戦し、適応能力を磨いた人が真の安定を手にする。

 

 

※原文を元に格言・教科書調にアレンジしています。

 

 


 

 

 有料作品(紙書籍・電子書籍)

 

書籍情報&書評閲覧

Amazon : 長友祐都著者ページ


「上昇思考」は既に電子化済み。
すぐに読むことができます。

 

 


 

 

簡易プロフィール

1986年生まれ。

東福岡高校を経て明治大学へ。

途中からレギュラーポジションを獲得し、ユニバーシアード代表に。

FC東京からオファーを受け、卒業せずにプロ入りすると

五輪代表・日本代表とすごいスピードでステップアップし、

2010年のW杯後にイタリア・セリエAのチェゼーナに移籍。

 

関連リンク

インテルミラノ日本語版公式サイト

Wikipedia : 長友祐都

長友りえ(母)さん公式ブログ

 

 


 

 


 

長友選手の座右の銘

 
  • すべては心から(人間のすべては心で動いている)
  • 意志あるところに道あり・・・・・・・実現不可能のような高い目標であっても、強い意志があれば道は開けてくるという意味



 





 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから


<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表