大手芸能事務所の勢力図




会社概要ページや就職情報サイト参考

 
  売上高 資本金 従業員数
(2019年
情報確認)
備考


ジャニーズ事務所

 
約1000億円
(2016年時点の
ニュース情報)
不明 不明 男性アイドル専門

(株)アミューズ
証券コード4301
 
[2018/03]
472億円
15.8億円 連結
474人

サザンがデビューした
1978年設立。

タレント・俳優・
ミュージシャンが所属。


[主な所属者]
サザンオールスターズ
福山雅治
岸谷五朗
佐藤健
ディーンフジオカ
上野樹里
深津絵里


 
(株)ホリプロ

2012年上場廃止

上場していた
2011年時点では
189億円
 
1億円 284名
昭和35年創業。

総合系で
あらゆるジャンルの
タレントが所属
 

(株)ワタナベ
エンターテインメント
 
60億円
(会社概要
掲載情報)
3000万円 95名

タレント・芸人系。

昭和時代から
バラエティー界を
支えてきた事務所。

 

(株)オスカー
プロモーション
 
非公開 約9000万円 220名
1970年設立。

女性モデル事務所に近い。
所属人数は約7500人
と圧倒的な多さ。

 

吉本興業(株)
 

非公開

上場していた
2009年時点では
58億円
 
1億円 760名
お笑い系。
所属人数多い
 

(株)スターダスト
プロモーション
 
非公開 1000万円 270名

1979年2月設立。

美男/美女専門系の
俳優・モデル事務所。

所属人数多い。

 

(株)AKS
 

マイナビ
でも
完全非公開
 
マイナビ
でも
完全非公開
130名 AKBグループの
運営会社。
2006年設立。

東宝芸能(株)
 
25億円
(会社概要
掲載情報)
1億円 不明

昭和38年設立。
美人女優系。

[主な所属者]
沢口靖子
斉藤由貴
長澤まさみ

 

(株)研音
 
非公開 1.6億円 不明
1979年設立。
2枚目俳優/女優系。

約50名が所属。

[主な所属者]
財前直見
仙道敦子
山口智子
天海祐希
唐沢寿明
反町隆史
竹野内豊

 

レプロ
エンタテインメント
 
非公開 1000万円 不明


スターダストのライバル。
1991年設立。

こちらも
美男/美女専門系の
俳優・モデル事務所。


 


ソニーミュージック
アーティスツ

 
非公開 4.5億円 非公開

1974年設立。
ソニー系


[主な所属者]
ユニコーン
石野卓球
木村カエラ
PUFFY
気志団


 


エイベックス
マネジメント

 
非公開 8000万円 不明

レコード会社の
avex系。


[主な所属者]
ELT
大塚愛
倖田來未
TRF
浜崎あゆみ
hitomi
ピコ太郎

 


LDHグループ

 
非公開 不明 かなりの
人が働いて
いると
思われる

EXILEの
個人事務所として設立。
avexと強い関係。

アパレル事業など
幅広い事業を手掛ける。
 


アップフロント

 
非公開 不明 不明

ハロプロ系
アーティストが所属。

[主な所属者]
モーニング娘
 


(株)サンミュージック
プロダクション
 
非公開 3000万円 不明

松田聖子・酒井法子など
数々の女性アイドルを輩出。
お笑いにも強い。

1968年創業。

[主な所属者]
森田健作
太川陽介
安達祐実
ベッキー
カンニング竹山

 

ライジング
プロダクション

 
非公開 不明 不明
沖縄系アーティスト
に強い事務所。

約70組が所属。


 

(株)プラチナム
プロダクション
 
非公開 2250万円 75名 女性タレント・モデルが
たくさん所属

(株)テンカラット
 
非公開 1000万円 50名
1994年設立。
女優・モデル中心。


モデル部門は
「テンカラット・プリューム」
 


スペースクラフト

 
非公開 不明 不明 会社概要に
ほとんど情報ないものの
巨大なグループ
 

松竹芸能(株)
 
非公開 1.6億円 61名

1956年設立。

吉本のライバル。
芸人特化


 


(株)太田プロダクション
 
非公開 1億円 50名

ホリプロと同じ系統。

所属タレント数は
120名という記載あり。


 


(株)浅井企画
 
非公開 1000万円 約30名

1968年設立。
お笑い系中堅


[主な所属者]
萩本欽一
関根勤
小堺一樹
キャイーン

 

セントフォース
 
非公開 不明 不明
キャスター系最大手。

かなりたくさんの
フリーアナが在籍。

 

(株)プロダクション尾木
 
非公開 1000万円 不明

元ワタナベEの
敏腕マネ・尾木徹氏が
1978年に設立。

約50名が所属。
(大物ばかりで少数精鋭)



[主な所属者]
石坂浩二
三田佳子
仲間由紀恵
小嶋陽菜
渡辺麻友
高橋みなみ

 

(株)トップコート
 
非公開 古い 不明
1995年設立。

ワタナベ・
プロダクショングループ。

俳優系。
 

(株)エイジア
プロモーション

6.5億円
(平成27年9月)

リクナビ情報
 
300万円 24名
(2015年頃の
データ)
女性モデル系

(株)ジャパン
ミュージック
エンターテインメント
 
非公開 3000万円 20名
(2019)
1980年創業。

イザワ・オフィス
 
非公開 1000万円 14名
ワタナベ・
プロダクショングループ。
ドリフターズの
メンバーが所属。
 

(株)田辺エージェンシー
 
非公開 非公開 非公開
1973年設立。
タモリさんの所属事務所。
 

(株)長良プロダクション
 
非公開 不明 不明
1963年設立。
演歌系老舗。
 

バーニング
プロダクション
 
非公開 不明 不明
 

バーニング・
グループの中核。

この会社単体の
規模は小さく、
所属タレントはわずか。
 



その他、まだまだ中堅クラスの事務所があるものの、
会社概要ページには売上高(年商)情報がなかなか載っていません。




その他小規模/中堅
  • スウィートパワー・・・・・・・美人女優系
  • アーティストハウス・ピラミッド・・・・・・女性タレント専門。鈴木紗理奈・熊田曜子などが所属
  • A-Team・・・・・・2枚目俳優/女優系。伊藤英明・岩城滉一・高岡早紀などが所属
  • フロムファーストプロダクション・・・・・・2枚目俳優/女優系。古谷一行・山下真司・北村一輝などが所属
  • (株)ユニマテ・・・・・・2枚目俳優/女優系。樋口可南子・東出昌大などが所属。
  • サムデイ・・・・・スポーツ部門もあり。藤原紀香・篠田麻里子・松井咲子・ドン小西など
  • マセキ芸能社・・・・・お笑い芸人特化。ウッチャンナンチャン、出川哲朗などが所属
  • エヴァ―グリーン・エンタテイメント・・・・・バーニンググループと思われる事務所。栗原類・池田エライザなど
  • プロダクション人力舎・・・・・お笑い芸人特化
  • サンズエンターテインメント・・・・・・グラビアアイドル系。野田氏がイエローキャブを離れて創業
  • トライストーン・・・・・・2枚目俳優/女優系。小栗旬・田中圭・綾野剛など
  • インセント・・・・・女性タレント・女性モデル系
  • タイタン・・・・・・爆笑問題の個人事務所として設立。お笑い芸人が中心
  • オフィス北野


 


グループとして大きなグループ
 


 


関連ページ
お笑い系芸能事務所一覧と勢力図









 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから


<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表