出版業界の売上高ランキングや見通しなど



 

出版業界の売上高ランキング<2018年版>

 
  1. 講談社 1179.5億円(2017年11月期)
  2. 集英社 1164億円(2018年5月期)
  3. カドカワ 出版事業1130億円(2018年5月期)・・・・・・会社全体だと2067億円で1位
  4. 学研HD 1121.7億円(2017年11月期)
  5. 小学館 945.6億円(2018年2月期)


以上が5強。
カドカワと学研は上場企業で事業分野幅広い。
「3大出版社」内では小学館が不調。



上位出版社の
  • 売上高推移
  • 営業利益
  • 歴史
などを知りたい場合は以下のページでご確認ください。



[大手出版社の個別情報ページ]

[2大グループの業績推移・兄弟会社比較]


[関連情報]
音羽グループ・一ツ橋グループの概要・歴史比較(出版業界の2大グループ)



 



[次点]
日経BP社 380億円(2017年度実績)
宝島社 推定250億円前後・・・・・・2013年時点で297億円。現在は下降傾向といわれる
東京書籍 227億円(2017)/従業員数500名・・・・・・教科書系大手
PHP研究所 売上高不明/社員数317名
光文社 217億円/社員数291名・・・・・講談社グループ
文藝春秋 約210億円・・・・・・社員数は約350人
新潮社 推定200億円前後・・・・・規模は文藝春秋と同様。会社概要やマイナビ等では業績完全非公開
東京ニュース通信社 売上高不明/従業員数200名(2016年)
(株)NHK出版 144.7億円(2017年度)/225名
Z会 143億円(2017年3月期)/529名
マガジンハウス 約140億円・・・・・・社員数は約200人
世界文化社 135億円(2017年3月期)/社員数211名
ダイヤモンド社 132億円(2018年3月期)
新日本法規出版 123.7億円(2017年3月期)/778名
東洋経済新報社 122.8億円(2018年9月期)/286名・・・・・会社四季報で有名
朝日新聞出版 118億円(2018年3月期)/社員数213人
インプレスHD 118.9億円(2018年3月期)
数研出版 売上高117億円/従業員数257名
第一法規 115億円(2017年3月期)/510名
東洋経済新報社 114.9億円(2017年9月期)/社員数274人
フレーベル館 113億円(2006年当時)/411名・・・・・・児童書大手・最近の売り上げは不明
数研出版 112億円/258名
文溪堂 103億円(2018年3月期)/社員数216人
枻(エイ)出版社 102億円(2016年度)/従業員数292名・・・・・趣味系雑誌に強い
ひかりのくに 100億円(2017年10月期)/310名・・・・・出版社と専門商社という2つの顔をもつ
主婦と生活社 96億円(2016年度実績)/社員数137名
JTBパブリッシング 94億円(2017年度)/社員数281名
秋田書店 93億円(2017年6月期)/135名・・・・・・・コミック事業特化
法研 92.5億円(2018年3月期)/従業員数138名
新興出版社啓林館 89億円/203名
主婦の友社 86億円(2018年3月期)/社員数128名・・・・・CCC連結子会社
徳間書店 75億円(2015年3月期)/社員数114名・・・・・CCC連結子会社
ポプラ社 41.3億円/200名
ぱど 69.9億円(2017年3月期)/395名・・・・・地域情報系。東証ジャスダック市場に上場
光村図書出版 69億円(2018/10)/従業員数208名
扶桑社 68億円(2017)/164名
実教出版 66.9億円(2017年10月期)/155名
実教出版 64億円/150名
家の光協会 63.8億円(2017年3月期)/145名・・・・・「家の光」という雑誌を発行
光村図書出版 62.2億円(2017年10月期)/205名
教育出版 60億円(2017年8月期)/従業員数250名
福音館書店 57.6億円(2017年7月期)/130名・・・・・児童書専門
毎日新聞出版 売上高不明/100名
青葉出版 47億円(2017年7月期)/従業員数136名・・・・・教材系。広島の会社
明治図書出版 47億円(2017年8月期)/従業員数90名
芳文社 44.9億円(2017年3月期)/60名
大修館書店 44.5億円(2016年8月期)/社員数54名
一迅社 44億円(2016年7月期)/従業員数95名・・・・・・講談社子会社
スターツ出版 43億円(2017年12月期)/従業員数189名・・・・・・東証ジャスダック市場に上場
シンコー・ミュージックエンタテイメント 42億円(2006)/106名
旺文社 売上高非公開/従業員数175名
メディカ出版 35.7億円(2017年9月期)/174名・・・・・・医療・介護系出版社
実業之日本社 34.4億円/従業員数は不明
農山漁村文化協会 32.7億円(2017年3月期)/従業員数152名・・・・農業系雑誌を出版
中央経済社HD 31億円/70名・・・・・上場企業
タウンニュース 31.2億円(2017年6月期)/207名・・・・・・東証ジャスダック市場に上場。地域情報誌系
日本文教出版 31億円(2017年7月期)/138名
ブティック社 30億円(2016年8月期)/67名・・・・・・手芸系メディアに強い
翔泳社 28.6億円(2017年3月期)/従業員数100名
八重洲出版 21億円(2017年10月)/78名
ピーエイ 20.6億円(2015年12月期)/210名・・・・・無料求人誌系
三笠書房 19億円(2017年8月期)/62名
大創出版 13.0億円(2018年2月期)/従業員数不明
照林社 12億円/従業員数20名
太田出版 4.2億円/従業員数22名・・・・・・太田プロダクション系
中央法規出版 売上高不明/従業員数251名
扶桑社 売上高不明/従業員数146名・・・・・・・フジテレビ子会社
岩波書店 売上高不明/140名
中央公論新社 売上高不明/144名
双葉社 売上高不明/146名
金融財政事情研究会 売上高非公開/職員137名・・・・・金融系メディア専門
ゴルフダイジェスト社 売上高不明/129名
淡交社 売上高非公開/従業員数127名
ぶんか社 売上高不明/110名
三栄書房 売上高不明/105名
白泉社 売上高不明/101名
宣伝会議 売上高不明/従業員数100名
早川書房 売上高不明/83名・・・・・・ミステリー作品系
INFASパブリケーションズ 売上高不明/80名・・・・・WWD JAPANというアパレル業界誌を発行
河出書房新社 売上高不明/73名・・・・・・文芸出版社
筑摩書房 売上高不明/71名
羊土社 売上高非公開/従業員数65名
日本文芸社 売上高不明/62名・・・・・・・RIZAPグループ
宙出版 売上高不明/従業員数60名
笠倉出版社 売上高不明/従業員数60名
ワニブックス 売上高不明/従業員数60名・・・・・・アイドル写真集など
マガジンマガジン 売上高不明/従業員数55名
日本評論社 売上高不明/従業員数53名
青春出版社 売上高非公開/社員数50名
潮出版社  売上高非公開/社員数46名
サンマーク出版 売上高不明/社員数45名
二見書房 売上高不明/従業員数40名
偕成社 売上高不明/従業員数40名・・・・・・児童書系
日本ジャーナル出版 売上高不明/従業員数40名・・・・・・「週刊実話」などを発行
東京創元社 売上高不明/従業員数39名・・・・・・ミステリー作品系
白水社 売上高不明/従業員数35名
勁草書房 売上高不明/従業員数33名
吉川弘文館 売上高不明/従業員数32名
春秋社 売上高不明/従業員数30名
廣済堂出版 売上高不明/従業員数20名
静山社 売上高不明/従業員数12名・・・・・ハリーポッターシリーズの出版社
フォレスト出版 売上高不明/従業員数も不明
医学書院 売上高不明/従業員数も不明
草思社 売上高不明/従業員数も不明
童心社 売上高不明/従業員数も不明・・・・絵本系
大洋図書 売上高不明/従業員数も不明
創元社 売上高不明/従業員数も不明・・・・明治25年創業
実業之日本社 34.9億円/従業員数も不明わかさ出版 売上高不明/従業員数も不明・・・・・・健康雑誌系
エムオン・エンターテインメント  売上高不明/従業員数も不明・・・・・・音楽系。旧ソニーマガジンズ
成美堂出版 売上高不明/従業員数も不明・・・・・こちらは規模大きい
ハースト婦人画報社 売上高不明/従業員数も不明・・・・・・ELLE JAPONなどの発行元
コンデナスト・ジャパン・・・・・・VOGUE JAPANなどの発行元
ハ―パーコリンズ・ジャパン 売上高不明/従業員数も不明
河出書房 売上高不明/従業員数も不明・・・・・明治19年創業
アカデミー出版 売上高不明/従業員数も不明・・・・かつてシドニィシェルダン作品で話題に。
△ベネッセHD △4344億円(2018年3月期)・・・・・・・出版社かどうかは微妙。出版部門の売上高は不明



*売上高や社員数は会社概要ページやニュース記事参考。
売り上げがわからない会社は社員数から分析してみてください。



[その他(CCCグループについて)]
TSUTAYAやTカードで有名な
CCC(カルチュアコンビニエンスクラブ)
は近年どんどん中小出版社を買収していて、出版社としての顔を持ち併せる。
会社全体の売上高約2760億円に対して、
出版部門の売上高はわずかながら、
  • 主婦の友社 86億円
  • 徳間書店 75億円

と、2社だけでも約160億円で、
出版系子会社の売上高合計は200億円以上と思われる。






[分野別の出版社一覧/規模(売上)ランキング]
総合出版社
文芸出版社
学習/教材系
・・・・・・知名度低めながら売上高が高い企業多数
コミック事業特化系
ファッション系
スポーツ系
ミセス向け媒体特化系

テレビ局/新聞社系
趣味系書物特化系

ビジネス/政治・経済系
人文書系
自費出版(プロデュース)系

児童書系・・・・100億円企業も複数あり
美術書
自己啓発本系
車・バイク系








 
 

出版業界の見通し


紙にこだわってきた宝島社も近年は不調が伝えられる。

電子書籍の売り上げは急激な右肩上がりが続いており、
電子雑誌の定額配信(楽天マガジンやdマガジン)も相当賑わっているため、
各社ともに電子出版事業にどれだけ積極的に取り組めるかがカギ。

そういった意味では、唯一電子書籍事業から距離を置いている宝島社は、
このまま電子書籍反対派を掲げ続ける場合、売り上げがさらに落ちていく恐れあり。


その他、多角的事業で成功している企業もあり、
ファッション誌に強い出版社である集英社は「集英社FLAG SHOP」という
ZOZOTOWNのようなファッション通販事業が売り上げに大きく寄与している。


 
 

2019年の動き

  • 1/29 集英社がDeNAと共にエンタメ事業の新会社を設立する事を発表。まずゲーム事業などを行う。・・・・・・・・・集英社の経営の多角化がさらに進んでいることを感じさせる動き。





 
 

出版業界に関する業界誌



 

新文化



Fujisan.co.jp:新文化



【Fujisan.co.jp説明文】
「新文化」は1950年12月創刊。
2015年には65周年を迎える出版業界唯一の専門紙です。
新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する様々な出来事の最新情報をお届けします。




文化通信


Fujisan.co.jp:文化通信


【Fujisan.co.jp説明文】
「文化通信」は、マスコミ界の専門紙として内外マスコミの経営、
人事、新規事業や各情報、言論・表現の検証、話題の人物インタビュー、特集企画などを掲載しています。




新文化は単品販売もあり

Fujisan.co.jp:新文化 3253号 (2018年12月20日発売) 2018年出版界10大ニュース



【新文化 3253号の主な内容】
  • 2018年出版界10大ニュース(1面)
  • 与党、出版物の軽減税率適用見送る/税制改正大綱「引き続き検討する」(2面)
  • 日販調査 書店販売動向/11月期・前年同月比2.3%減(11面)
  • 2018年業界主要ニュース(12面)





出版ニュース


Fujisan.co.jp:出版ニュース




 




関連コンテンツ
2018年度版・各業界の市場規模ランキング
(出版業界との規模を比較)

出版業界の市場規模推移
(紙媒体・電子媒体、そしてその合計の市場規模。電子書籍が右肩上がり)








[分野別の出版社一覧/規模(売上)ランキング]
総合出版社
文芸出版社
学習/教材系

コミック事業特化系
ファッション系
スポーツ系
ミセス向け媒体特化系

テレビ局/新聞社系
趣味系書物特化系

ビジネス/政治・経済系
人文書系
自費出版(プロデュース)系

児童書系
美術書
自己啓発本系
車・バイク系


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとめでわかる産業図鑑&業界地図(B2B編) [ イノウ ]

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の産業を支える272の産業財から、
51の業界、1200の企業が見えてくる!!



 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出版(2018年度版 産業と会社研究シリーズ 2) [ 植田 康夫 ]

【内容情報】(出版社より)
デジタル化の進展と取次システムの崩壊で 出版業界はどうなる?
出版社、取次会社、書店の仕事のこれまでとこれからを知るための一冊。




 

recommend




サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから


<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ



<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年


 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

 


[本屋大賞]
受賞作/ノミネート作品あらすじ
2004年本屋大賞[第1回]
2005年本屋大賞
2006年本屋大賞
2007年本屋大賞
2008年本屋大賞
2009年本屋大賞
2010年本屋大賞
2011年本屋大賞
2012年本屋大賞
2013年本屋大賞
2014年本屋大賞
2015年本屋大賞
2016年本屋大賞
2017年本屋大賞
2018年本屋大賞

本屋大賞2019ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較)
2019年4月9日に大賞発表