1986年度(昭和61年)主要文学賞受賞作家/作品一覧リスト、年間ベストセラー




 

1986年度(昭和61年)主要文学賞受賞作家/作品一覧リスト




 

エンタメ(大衆文学)向けの賞

 

第95回(1986年上半期)
直木賞

(株)文藝春秋系
 



皆川博子「恋紅」


 

第96回(1986年下半期)
直木賞

(株)文藝春秋系
 



逢坂剛「カディスの赤い星」
常盤新平「遠いアメリカ」


 


第20回吉川英治文学賞
(講談社系)

 


井上ひさし「腹鼓記」「不忠臣蔵」
藤沢周平「白き瓶」


 

第7回吉川英治文学新人賞
(講談社系)
 



高橋克彦「総門谷」(上・下)



 



 
 

純文学向けの賞

 

第95回(1986年上半期)
芥川賞

(株)文藝春秋系
 


該当作品なし

 

第96回(1986年下半期)
芥川賞

(株)文藝春秋系
 



該当作品なし


 

第39回野間文芸賞
(講談社系)
 


大庭みな子「啼く鳥の」
上田三四二「島木赤彦」

 



第13回川端康成文学賞
(純文学系)

主催=川端康成記念会
後援=新潮社

 

小川国夫「逸民」

 




第10回すばる文学賞
(集英社主催)



 



本城美智子『十六歳のマリンブルー』


 


第8回野間文芸新人賞
(講談社系)

 


岩阪恵子「ミモザの林を」
干刈あがた「しずかにわたすこがねのゆびわ」

 

[海外]
ノーベル文学賞
 


ウォレ・ショインカ

 


 
 

幅広いジャンルの作品向けの賞

 

第40回毎日出版文化賞
(毎日新聞社)
 


宮崎義一「世界経済をどう見るか」
天野忠「続 天野忠詩集」
金時鐘「「在日」のはざまで」
粟津キヨ「光に向って咲け」
蜂谷緑「ミズバショウの花いつまでも」

 

第38回読売文学賞
(読売新聞社)
 



小説賞「夜の光に追われて」津島佑子
随筆・紀行賞「力士漂泊」宮本徳蔵
随筆・紀行賞「ロシアについて」司馬遼太郎
評論・伝記賞「謎とき『罪と罰』」江川卓
研究・翻訳賞「娘道成寺」渡辺保

戯曲賞と詩歌俳句賞は受賞作なし


 

第22回谷崎潤一郎賞
(中央公論新社)
 



日野啓三「砂丘が動くように」

 
 


 
 

その他、特定ジャンルの賞

 




第39回日本推理作家協会賞
<長編部門>


選考委員:
生島治郎
井上ひさし
佐野洋
仁木悦子
山村正夫




 



[受賞]
岡嶋二人「チョコレートゲーム」
志水辰夫「背いて故郷」
 

[候補]
『神話の果て』 船戸与一



 




第39回日本推理作家協会賞
<短編および連作短編集部門>


選考委員:
生島治郎
井上ひさし
佐野洋
仁木悦子
山村正夫



 



該当作品無し
 


[候補]
『逃げる男』 逢坂剛
『隠岐ノ島死情』 中津文彦
『贅沢な凶器』 馬場信浩





 



第39回日本推理作家協会賞
<評論・その他の部門>


選考委員:
生島治郎
井上ひさし
佐野洋
仁木悦子
山村正夫

 

[受賞]
松村喜雄
「怪盗対名探偵 フランス・ミステリーの歴史」
 

[候補]
『アメリカ語を愛した男たち』 小鷹信光


 



第32回江戸川乱歩賞
(推理小説新人賞)

主催:日本推理作家協会
後援:講談社など


選考委員:
赤川次郎
石川喬司
河野典生
中島河太郎


 



[受賞]
山崎洋子「花園の迷宮」
 

[候補]
『軍艦旗北へ』 玉塚久純
『鳩は死んだ』 池上敏也
『大河の殺意』 高橋幸春
『ブラック・バード』 石井敏弘





 


 
 

ノンフィクション作品向けの賞

 

第17回大宅賞
(文藝春秋系)
 



杉山隆男「メディアの興亡」


 

第8回
講談社ノンフィクション賞
 


長尾三郎「マッキンリーに死す」
塚本哲也「ガンと戦った昭和史」(上・下)

 






 
 

1986年度(昭和61年)年間ベストセラーランキング上位

 
  1. 化身/渡辺淳一
  2. 自分を生かす相性・殺す相性/細木数子
  3. 知価革命/堺屋太一
  4. 日本はこう変わる/長谷川慶太郎
  5. うつみ宮土里のカチンカチン体操/うつみ宮土里









 

サイドメニュー

 

[サイト内検索]

 

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能
(自動引き落とし)


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

サイトマップ



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 
 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 


競合,類似雑誌の違い比較

 

社内姉妹誌の違い比較
 

SNS関連ランキング
 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

年度別の文学賞受賞作一覧
(+年度別ベストセラーランキング)

1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表