2017年度本屋大賞ノミネート10作品の比較,評価



2017年度の第14回本屋大賞の大賞作品・ノミネート作品の中から、
どれか一冊読んでみたいと思っている人向けの各作品情報です。


 
 

結果(大賞と得票数)

  • 大賞(1位) 恩田陸「蜜蜂と遠雷」 378.5点
  • 2位 森絵都「みかづき」 331点
  • 3位 塩田武士「罪の声」 305点
  • 4位 小川糸「ツバキ文具店」 302.5点
  • 5位 村山早紀「桜風堂ものがたり」 261点
  • 6位 原田マハ「暗幕のゲルニカ」 249.5点
  • 7位 西加奈子「i」 160点
  • 8位 森見登美彦「夜行」 122.5点
  • 9位 村田沙耶香「コンビニ人間」 70.5点
  • 10位 川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」 68.5点


[ポイントシステム]
  • 1位投票=3点
  • 2位投票=2点
  • 3位投票=1.5点


 
 

ノミネート10作品のデータ

 
作品名
ページ数など
ジャンル 読みやすさ
評判の傾向
ポイント等




恩田陸
「蜜蜂と遠雷」
(幻冬舎)
単行本507ページ
kindle版あり






[他の賞受賞]
第156回直木賞




 
青春群像小説
ピアノコンクール
に関する小説。

かなり臨場感を
味わえるる小説で
読んだ後は
ピアノ音楽を
聴きたくなる、
そんな作品である模様。


本を読むのが遅い人でも
途中からハマってしまい、
読み終えるのが勿体と
思うほどの作品、
いった意見が多い。

大賞受賞作で
直木賞も受賞しているだけに
10作品の中で
どれがいいか迷う場合は
まずこの作品がおすすめ。


 


森絵都
「みかづき」
(集英社)
単行本472ページ
kindle版あり







[他の賞受賞]
王様のブランチ
ブックアワード2016
大賞受賞

 
大河ドラマ系
NHK朝ドラ系
(ジャンル微妙)
ジャンル微妙ながら
書評によると
理想の教育を目指す
人の女性と家族の
一生を辿るような
朝ドラ系作品のようです。


こちらもページ数多いものの
kindleお試し版を読んで
読みやすそうだったら
買ってみるのがおすすめ。

塩田武士
「罪の声」
(講談社)
単行本418ページ
kindle版あり
オーディオブックあり




[他の賞受賞]
■第7回山田風太郎賞
■週刊文春ミステリーベスト10
2016国内部門第1位

 
ミステリー
(実話系)
Amazonの説明によると
昭和史に残る未解決事件
「グリコ・森永事件」
をモデルにして作られた
フィクションミステリー。

どの世代も楽しめるような
ミステリーであるようです。

書評によると
読みだしたら止まらない
面白さで「傑作」と
評する人も多い。



小川糸
「ツバキ文具店」
(幻冬舎)
単行本269ページ
文庫版346ページ





 
ハート
ウォーミング系

この作品は
ページ数の少なさが特徴。
短い作品がいいなら
おすすめです。

書評によると
読んだ後は
心が温かくなる、
そんな作品であるようです。

ミステリー系とは対照的。

 


村山早紀
「桜風堂ものがたり」
(PHP研究所)
単行本382ページ





 
お仕事系
書店を舞台にした作品で
書店員が普段、
どんなことをしているか
よくわかるようです。


「ビブリア古書堂」
が好きな人にはおすすめ
という意見あり。


マイナス意見としては
「児童小説っぼい」
という意見もあり。
 


原田マハ
「暗幕のゲルニカ」
(新潮社)
単行本357ページ
文庫版510ページ
kindle版あり




 
アートサスペンス アート系ミステリー
「楽園のカンヴァス」
で有名な作者の本。

読みながらアートの事を
色々と学べるようです。


「楽園のカンヴァス」
が面白かった人には最適。


西加奈子
「i」
(ポプラ社)
単行本298ページ




 
△ジャンル微妙。
(ダメ人間物語?)

お金持ちの男の主人公の
ダメダメ人生を描いた
作品のようです。

この作品では
Amazonにてあまり
高い評価を受けていません


西加奈子作品の中では
だいぶ評価が低いため、
あまりお勧めできない作品。


森見登美彦
「夜行」
(小学館)
単行本256ページ
kindle版



 
■怪談
■青春小説
■ファンタジー

*色々な要素が
あるそうです。

森見ワールドの
ど真ん中系作品のようです。
(「宵山万華鏡」という
作品に近いそうです)

非日常の世界に
足を踏み入れたい人
や怖い話好きな人向け。

 


村田沙耶香
「コンビニ人間」
(文藝春秋)
単行本160ページ
文庫版168ページ
kindle版
オーディオブックあり





[他の賞受賞]
第155回芥川賞受賞

 
純文学系
 
コンビニで働く
変わった性格の
30代女性の話。

芥川賞受賞作で
ページ数が短い

そういった意味では、
長い本が苦手な人向け。

好き・嫌い分かれる
作品のようですので、
kindleお試し版を
読んでから買うのがおすすめ。


川口俊和
「コーヒーが冷めないうちに」
(サンマーク出版)
単行本348ページ
kindle版
オーディオブックあり



 
感動系 こちらはAmazonでの
一般評価がだいぶ低い
星1つをつけている人も多い。

ただし、星5つ付けている人からは
「泣ける本」
という評価を受けている。



それぞれ、だいぶジャンルが違います。
またページ数にも相当な差があり。


 


 

各作品のあらすじ





恩田陸「蜜蜂と遠雷」内容紹介
俺はまだ、神に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり
近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。
かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら
13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。
音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。
完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?




森絵都「みかづき」内容(「BOOK」データベースより)
昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。
女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。
ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い―。
山あり谷あり涙あり。
昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編!





塩田武士「罪の声」内容(「BOOK」データベースより)
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。
ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。
テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。
それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で
恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった―。





小川糸「ツバキ文具店」内容(「BOOK」データベースより)
鎌倉で小さな文具店を営むかたわら、手紙の代書を請け負う鳩子。
今日も風変わりな依頼が舞い込みます。友人への絶縁状、借金のお断り、天国からの手紙…。
身近だからこそ伝えられない依頼者の心に寄り添ううち、
仲違いしたまま逝ってしまった祖母への想いに気づいていく。
大切な人への想い、「ツバキ文具店」があなたに代わってお届けします。






村山早紀「桜風堂ものがたり」内容紹介
百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、
人づきあいが苦手なものの、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てるケースが多く、
店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。
しかしある日、店内で起こった万引き事件が思わぬ顛末をたどり、
その責任をとって一整は店を辞めざるを得なくなる。
傷心を抱えて旅に出た一整は、以前よりネット上で親しくしていた、
桜風堂という書店を営む老人を訪ねるために、桜野町を訪ねる。
そこで思いがけない出会いが一整を待ち受けていた……。
一整が見つけた「宝もの」のような一冊を巡り、彼の友人が、元同僚たちが、
作家が、そして出版社営業が、一緒になってある奇跡を巻き起こす。
『コンビニたそがれ堂』シリーズをはじめ、『花咲家の人々』『竜宮ホテル』
『かなりや荘浪漫』など、数々のシリーズをヒットさせている著者による、
「地方の書店」の奮闘を描く、感動の物語。





原田マハ「暗幕のゲルニカ」内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨーク、国連本部。
イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。
MoMAのキュレーター八神瑶子はピカソの名画を巡る陰謀に巻き込まれていく。
故国スペイン内戦下に創造した衝撃作に、世紀の画家は何を託したか。
ピカソの恋人で写真家のドラ・マールが生きた過去と、
瑶子が生きる現代との交錯の中で辿り着く一つの真実。
怒涛のアートサスペンス!




西加奈子「i」内容(「BOOK」データベースより)
「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。
ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―。
「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさ―
直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶられる傑作長編!



森見登美彦「夜行」内容紹介
僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。
十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。
十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。
夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。
私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」






村田沙耶香「コンビニ人間」内容(「BOOK」データベースより)
「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。
古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。
ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。




川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」内容(「BOOK」データベースより)
お願いします、あの日に戻らせてください―。
「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」
不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。















 

サイドメニュー

 

[サイト内検索]

 

 

 

 

 


無料お試し/雑誌リストはこちらから

競合のdマガジンは会員数が減少する中、こちらは会員数が右肩上がり

<楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。


<楽天マガジンのポイント3>
無料お試し期間で気に入り、
本登録する際は
楽天スーパーポイントで
月額費を支払う形も可能
(自動引き落とし)


<楽天マガジンのポイント4>
紙版のほぼ全ページもしくは
3/4以上を読める雑誌が多い。
(一つ一つを単品購入すると
毎月10万円前後かかる)


<楽天マガジンのポイント5>
読書家必読の月刊誌
「ダ・ヴィンチ(1冊680円)」
も丸ごと読める
(最新号/バックナンバー1年分)
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


fujisan.co.jpへ
Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jpは雑誌単品販売系のAmazonと並び、国民的な人気の定期購読系雑誌販売サイト。
取り扱う雑誌数は10000誌以上。


 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<人気名言ページ>
稲盛和夫
松本晃
川久保玲
本田圭佑
中村俊輔
佐藤琢磨
アイルトン・セナ
ケニー・オメガ


 



電子書籍/雑誌端末比較
Kindle系端末の1強状態

 


電子書籍配信サービス比較
この分野もkindleストアの1強の情勢強まる

 


電子雑誌配信サービス比較

 


[週刊誌表紙一覧]
月曜日発売週刊誌表紙一覧
火曜日発売週刊誌表紙一覧
水曜日発売週刊誌表紙一覧
木曜日発売週刊誌表紙一覧
金曜日発売週刊誌表紙一覧
土曜日発売週刊誌表紙一覧
日曜日発売週刊誌表紙一覧

 


[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。


1日発売
2日発売
3日発売
4日発売
5日発売
6日発売
7日発売
8日発売
9日発売
10日発売
11日発売
12日発売
13日発売
14日発売
15日発売
16日発売
17日発売
18日発売
19日発売
20日発売
21日発売
22日発売
23日発売
24日発売
25日発売
26日発売
27日発売
28日発売
29日発売
30日発売

 

歴代ベストセラーDB


用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

年度別の文学賞受賞作一覧


1930年代後半
1940年代前半
1940年代後半
1950年度(昭和25年)
1951年度(昭和26年)
1952年度(昭和27年)
1953年度(昭和28年)
1954年度(昭和29年)
1955年度(昭和30年)
1956年度(昭和31年)
1957年度(昭和32年)
1958年度(昭和33年)
1959年度(昭和34年)
1960年度(昭和35年)
1961年度(昭和36年)
1962年度(昭和37年)
1963年度(昭和38年)
1964年度(昭和39年)
1965年度(昭和40年)
1966年度(昭和41年)
1967年度(昭和42年)
1968年度(昭和43年)
1969年度(昭和44年)
1970年度(昭和45年)
1971年度(昭和46年)
1972年度(昭和47年)
1973年度(昭和48年)
1974年度(昭和49年)
1975年度(昭和50年)
1976年度(昭和51年)
1977年度(昭和52年)
1978年度(昭和53年)
1979年度(昭和54年)
1980年度(昭和55年)
1981年度(昭和56年)
1982年度(昭和57年)
1983年度(昭和58年)
1984年度(昭和59年)
1985年度(昭和60年)
1986年度(昭和61年)
1987年度(昭和62年)
1988年度(昭和63年)
1989年度(平成元年)
1990年度(平成2年)
1991年度(平成3年)
1992年度(平成4年)
1993年度(平成5年)
1994年度(平成6年)
1995年度(平成7年)
1996年度(平成8年)
1997年度(平成9年)
1998年度(平成10年)
1999年度(平成11年)
2000年度(平成12年)
2001年度(平成13年)
2002年度(平成14年)
2003年度(平成15年)
2004年度(平成16年)
2005年度(平成17年)
2006年度(平成18年)
2007年度(平成19年)
2008年度(平成20年)
2009年度(平成21年)
2010年度(平成22年)
2011年度(平成23年)
2012年度(平成24年)
2013年度(平成25年)
2014年度(平成26年)
2015年度(平成27年)
2016年度(平成28年)
2017年度(平成29年)
2018年度(平成30年)

本屋大賞2018ノミネート10作品詳細(あらすじ・内容比較・受賞予想など)
2018年1月にノミネート10作品発表