フロントライトとバックライト





電子書籍端末(電子ペーパー/液晶タブレット)に関する話題でよく登場する、
  • フロントライト
  • バックライト
という2つの照明の意味合いや特徴の違い。

なお、液晶ディスプレーの仕組みについて難しすぎてわからない部分もあるため、
このページの情報もやや完全ではない部分がある可能性があります。


バックライトから先に説明。




 

バックライトとは?(強い光/高電力)


バックライトとは、液晶ディスプレー式の
  • 腕時計
  • ゲーム機
  • タブレット
などでおなじみで、画面の後ろ側から画面を照らし、
夜間でも画面が見えるようにしてくれるもの。

ただし、うしろから前に向かって(目に向かって)光が来るため、
バックライトがきついと体感的な眼精疲労が激しめ。

そして、バックライトがつきものの液晶ディスプレー端末は、
電力消費が激しいので電子ペーパー端末と比べて明確にバッテリー切れが早い。





フロントライトとは?(淡い光/低電力)


フロントライトとは、その名の通り、
ディスプレーの前面から後方に向かって光を発するライトのこと。

こちらはkindleやkoboの「電子ペーパー端末」にて基本的に採用されていることでおなじみ。

そして、一般的なバックライトに比べて弱く淡い光なので低電力で済むらしく、
バックライトの付いた状態で夜間に端末を使用していても、特にバッテリー切れが大きく早まることはなし。

また、淡く柔らかく(弱く)画面が照らされるだけのため、
実際の眼精疲労度などはわからないものの、
体感的には夜間にバックライト付きのスマホやタブレットで本を読むより疲れがないのも特徴。




 

完全ライトなしの電子書籍端末(ライトがないとどうなるか?)


kindleの一番安い電子ペーパー端末、
もしくは楽天koboが初期に販売していた一番安い電子ペーパー端末においては、
フロントライトをつけず端末自体の安さを実現した端末が存在。

そして、フロントライトもないタイプだと
紙の本とまったく同じで、昼間は普通に読書が可能。
逆に夜間の読書は不可のため、部屋の照明や携帯の照明などを用意し、
画面を直接照らさないと読書することは不可。








 

サイドメニュー

[サイト内検索]

 

 

【楽天マガジン】
無料お試し/雑誌リストはこちらから

月額380円/約250誌配信

楽天マガジンのポイント1>
無料で31日読み放題可能。
楽天ID持っていればすぐ登録でき、
必要なければ無料期間終了前に
ボタン一つで解約できます。


<楽天マガジンのポイント2>
一度DL完了した雑誌は
オフラインでも通信費0円で読めるので
WiFi環境下で先にDLしておけば
通信速度制限の心配もなし。
 

 

メニュー

「読書の力」トップページ

 

[雑誌情報]

読書情報・文芸
グルメ・地域情報誌
住宅・住まい系
自動車雑誌
各種業界誌・新聞
趣味系専門誌
語学学習
生活・ファッション
妊娠(出産)、育児、児童学習
医療・看護・介護
モノ・トレンド・家電
音楽・エンタメ
TV番組誌(特徴分析に便利)
ビジネス・経済・政治
動物・ペット系雑誌
コンピューター・デジタル機器
料理系女性誌
スポーツ雑誌

新聞情報


 


雑誌個別情報
人気雑誌の部数推移/ターゲット/評判など

 


[競合雑誌比較(他社間)]
完全なライバル関係にある
2つor3つの雑誌の比較

エンタメ/趣味系
ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
コミック誌

競合WEBメディア

 

[社内競合誌比較]
ターゲットが違う
社内姉妹雑誌の比較

ファッション/ライフスタイル
ビジネス/政治/経済
エンタメ系
趣味系
コミック誌
文芸誌
業界誌
医療/看護


 



企業家,偉人,政治家の
思想を学べる名言集

・企業家・政治家

・アスリート

・文化人


<アスリート名言関連コンテンツ>
各種スポーツ用語辞典

 



[月刊誌の日付別発売誌一覧]
最新号表紙あり。隔月,季刊込。
 


 

用語集
本/雑誌/出版業界関連用語集
 

digital-zasshi.jp
(業界誌情報系の姉妹サイト)
 

文学賞一覧/比較
複雑でわかりづらい世界の各賞を解説
 

歴代ベストセラーDB

[年度別ランキング]